キッチンカー(移動販売車)の値段は?初期費用や早期回収のポイントも紹介

フードトラックを用意しよう
キッチンカー(移動販売車)の値段は?初期費用や早期回収のポイントも紹介
コロナ禍でキッチンカーの需要が増加している今、これを機に、キッチンカーを始めたいという人もいるでしょう。キッチンカーを手配する方法には、新車や中古車を購入する、レンタル・リースするという選択肢が存在。今回は、新車・中古車・レンタル車・リース車の相場価格やメリット、初期費用を早く回収するためのポイントを紹介します。

目次

開業実績多数!
フードトラックセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
フードトラックセミナーの詳細を見る▶︎

新型コロナウイルスによるキッチンカー(移動販売)への影響

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、飲食店業界を取り巻く状況は以前とは大きく変化しています。
固定店舗型の飲食店だけではなく、キッチンカーへの参入も検討する人も多いのではないでしょうか?

そこでまずは、コロウイルスの流行がキッチンカーに与える影響から解説していきます。

ステイホームによりテイクアウトの利用が増加

新型コロナウイルスの影響が長引く中、巣ごもりのライフスタイルやテイクアウトの利用が定着しつつあります。 キッチンカーでのテイクアウトなら、3密を避けることができ、安心してプロの料理を楽しめるという認識が広まり、利用も増加しているのが現状です。

イベントの開催が激減し収入に影響

キッチンカーは3密を回避しやすい業態ですが、イベントは自粛されるケースも多くあります。

キッチンカーにとって、イベントはまとまった収入が見込める収入源の一つですが、人が多く集まるイベントの開催がしにくい昨今ではあまりあてにしない方が良いでしょう。

リモートワークの増加による商圏の変化

緊急事態宣言時にリモートワークが推奨されて以来、オフィスに出社する人は大きく減りました。それにより、オフィス街でのランチ需要も同じく減少傾向に。

一方で、在宅ワークを行なっているビジネスマンの増加や、自粛中のテイクアウト利用の普及により住宅街での需要が増えています。

人の流れに合わせて、場所やメニューなども臨機応変に対応できることは、キッチンカーの強みであると言えるでしょう。

キッチンカー(移動販売車)の入手方法4つ

キッチンカーを入手するには、以下の4パターンの方法があります。


1.新車を購入する
2.中古車を購入する
3.レンタルする
4.リースする


新車の購入とは、キッチンが無い状態の新車を購入して、そこからキッチンをつけたりなどキッチンカーにするための改造をする方法です。

初めから改造してある状態の中古車より、自由度が高いのが特徴です。

また、本メディア運営会社のように、キッチンカーのリースを行なっている会社もあります。

それぞれ金額やメリット・デメリットも異なる上に、人それぞれおすすめの方法も変わりますが、値段だけで選ぶのは必ず避けましょう。

最も大切なことは「その車で継続的な利益を生み出せるかどうか」だからです。
次の見出しから、それぞれについて詳しく解説していきます。

新車キッチンカー(移動販売車)の値段とメリット・デメリット

新車を購入してキッチンカーに改造したら、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは、新車でキッチンカー車体を購入し、改造したときにかかる費用の相場とメリットやデメリットなどを紹介していきます。

新車キッチンカーの値段の相場

キッチンカーとして使うための新車を購入した場合、て、キッチンカー用にフルオーダーで改造をする必要があります。

業者に依頼した場合の相場価格は、軽ワゴンや軽トラックなら250~350万円前後、大型ワゴンや1tトラックなら約400~600万円。

相場の値段に大きな開きがある理由は、調理用器具などの導入する設備のクオリティや外装のデザインなどによって、改造費が大きく左右されるからです。

新車キッチンカーのメリット

新車を購入してキッチンカーに改造する一番のメリットは、改造によって理想のデザイン・仕様のキッチンカーを手に入れられることです。後悔のないキッチンカーを手に入れたいのなら、車の購入前にしっかりとリサーチをすることが重要です。

いろいろなキッチンカーを見て、自分の理想とするキッチンカーがどのような車種の車を使用しているのかをチェックしておきましょう。

具体的な改造プランも決めておくと、車両改造を依頼する業者とも話が進めやすくなるのでおすすめです。

また、新車キッチンカーは中古車よりも長く使えたり、売却時に高い金額がつきやすくなるというメリットもあります。

新車キッチンカー は、長い目で考えるとお得になることも多いので目先の費用だけで判断しないことが重要です。

新車キッチンカーのデメリット

新車キッチンカーのデメリットは、他の調達方法と比較して初期コストが高いことです。

ただ、長期的なコストと考えると、決して高い訳ではありません。
メンテナンス費や修理費などを中古車と比較した際に、一般的には新車の方がかからないことが多いからです。
ただ、どうしても最初に支払う金額は高くなってしまうのは事実です。

購入前にリサーチして理想のキッチンカー(移動販売車)をプランニング

後悔のないキッチンカーを手に入れたいのなら、車の購入前にしっかりとリサーチをすることが重要です。いろいろなキッチンカーを見て、自分の理想とするキッチンカーの具体的なプランを作ります。そうすると、車両改造を依頼する業者とも話が進めやすくなるでしょう。
業者を選ぶ際は、複数の業者に同条件で相談して費用の見積もりを出してもらうのがおすすめ。相見積もりを取って比較すれば、納得のいく業者を選べます。

中古車キッチンカー(移動販売車)の値段とメリット・デメリット

中古車キッチンカーの相場価格やメリット・デメリット、購入時の注意点を紹介します。押さえておくべきポイントを把握し、失敗しないように心がけたいものです。

中古車キッチンカーの値段の相場

中古車キッチンカーの相場価格は、軽ワゴンや軽トラックなら約100~300万円、大型ワゴンや1tトラックなら約200~500万円です。

中古車の値段相場の幅が広い理由は、車両ごとで走行距離やメンテナンス履歴などの状態がまったく違うためです。 

中古車キッチンカーのメリット

中古車キッチンカーのメリットはコストパフォーマンスです。初めから改造された状態のため、改造する手間・お金がかからない点は大きなメリットでしょう。

中古車キッチンカーのデメリット

相場よりもずっと安い中古車キッチンカーは、整備が行き届いていなかったり思わぬ故障が発生するなどのリスクを抱えています。

思わぬ修理が必要になった結果、修理費がかさんでしまうこともあるため車選びはかなり慎重に行う必要があります。

また、状態の良い中古車は早く売れる傾向にあり、かつ新車とあまり値段が変わらないことも。
「中古だから安い」という訳ではありません。
あまりに安い中古車には、何かしらの理由があるので注意が必要です。

レンタルのキッチンカー(移動販売車)の値段とメリット・デメリット

ここでは、レンタルのキッチンカー費用の相場と、レンタカーを使うメリット・デメリットをご紹介します。

レンタルキッチンカーの値段の相場

キッチンカーレンタルの相場価格は、平日で3~5万円、土日祝日なら7~10万円です。月単位の長期レンタルが主流で、契約期間が長いと一日単位の料金が安くなります。

自分なりのビジネススタイルがまだ確立していない、またはとりあえず始めてみたいという方におすすめです。

レンタルキッチンカーのメリット

レンタルは維持費やローンなどの、初期費用の負担が無いことが最大のメリットです。

また、キッチンカーの開業が初めてで、自分のビジネスプランを確かめるために最初の車として利用するのもおすすめです。

「初期費用を回収できないかもしれない」という不安が無い状態なので、精神的にも安心できるでしょう。

レンタルキッチンカーのデメリット

レンタルは初期費用が少なく済む代わりに、月額費用はかなり割高です。
相場としては、半年以上の契約でも月額30万円程度が継続して毎月かかります。
特に、初めてキッチンカー営業をする場合には、かなりリスクになる金額です。

また、キッチンカーのレンタル契約を結ぶときは、契約内容に注意が必要です。
レンタル契約には、車両のレンタル料金以外にも、車両の搬入出費や機材のオプション費用などが加算されていることがあります。
自分のオーダー通りに契約がされているのかを確認して、わからないことは質問をする姿勢を忘れないようにしたいものです。

リースのキッチンカー(移動販売車)の値段とメリット・デメリット

レンタルとリースは似たものに思えますが、レンタルが比較的短期間の利用を想定しているのに対し、リースは長期間貸し出すことを想定した形式です。ここではMellowが提供するキッチンカーリース「フードトラックONE」を参考に、リースのキッチンカーの値段とメリットを見ていきます。

リースキッチンカーの値段の相場

フードトラックONEのリースパッケージは、新車のリースが頭金96万円(税込)~に加え、毎月85,000円の定額支払いが必要です。

また、月々の85,000円は車検、車両保険などの保険料も含んだ価格です。

5年後に支払いが完了すれば、車両残価と諸経費の支払いで、車両を自分のものにできる点も魅力といえます。

リースキッチンカーのメリット

フードトラックONEでは新車のリースが可能です。
長く使用できる設備が揃った1t車~1.5t車(タウンエーストラック)の新車を購入した場合、購入に500~600万円ほどかかります。

よって、フードトラックONEでは頭金が96万円~なので、車両初期費用を最大5分の1まで抑えられる点がメリットになります。
また、フードトラックONEのリースは、キッチンカー運営に必要な保険がセットになっているので、リスクに備えられるのもメリットです。

出店場所を汚してしまった場合の施設賠償責任保険など、万一のトラブルにも備えておけるので、安心してキッチンカーを運営できます。

そして、フードトラックONEのリースを利用すれば、開業前の事業計画から開業後の出店場所の確保まで、知識豊富なスタッフによるサポートが受けられる点も大きなメリット。

他にもメリットは沢山あるので、良かったら以下のリンクから公式ページを確認してみてください。

リースキッチンカーのデメリット

新車をリース出来るとは言えど、初期費用や月額の費用がかかってしまう点はデメリットになります。

どうしても「初期費用を抑えたい」「短期間営業したい」という場合は、中古車かレンタルが良いでしょう。

初期費用を早期回収するための方法とは?

初期費用を早く回収するには、キッチンカーで利益を生む方法を知ることも大切。ここでは、キッチンカーで利益を出すためのポイントを紹介します。

集客力の高い出店場所を確保する

収益力を上げるには、キッチンカーの可動性を活かして、お客様の集まるところに移動し、営業することが大切です。

新型コロナウイルスが流行する前までは、ビジネス街のランチタイムや、イベントなどが集客力が高いとされていました。

一方で、現在新型コロナウイルスの影響を受けているため、オフィス街やイベントは以前よりも集客が少し落ちています。

そのため、住宅街に移動したり、人が流動している駅前に出店したりなど、適宜移動して営業をすると良いでしょう。

また、出店の時間帯によって出すメニューを変えるなど、メニューの工夫もおすすめですよ。

当メディアを運営しているMellowではキッチンカー出店場所の紹介や、事業計画やコンセプトといった開業準備から出店までのトータルアドバイスを受けられるセミナーを無料で実施しています。
もし開業に際して出店場所など悩みがある場合には一度セミナーに参加してみてはいかがでしょうか。

提供スピードを上げる

キッチンカーメニューは相場金額が800円前後と、比較的安価なのが特徴。

そのため、提供スピードを上げなければなかなか稼ぐことができません。

提供スピードを上げるためには、なるべく仕込みをしておくことや、同じ調理方法のメニューは避けるなどの方法があります。

また、車両内ではスタッフが動きやすい空間設計にすることも重要なポイント。

動きやすい設計にすることで、料理の提供までにかかる時間が短縮でき、結果的に提供スピードが上がり、収益も上がるでしょう。

主力商品(看板メニュー)を作る

集客力のあるキッチンカーには、目玉商品と言えるような主力商品があるもの。主力商品はその店の看板メニューとなり、お客様にも商品を通してキッチンカーを認知してもらえます。そうなれば固定客もできて利益に結びつくでしょう。
もしも主力商品が季節によって売上が左右されるメニューなら、それをカバーできるメニューの開発をしたいものです。季節によって売上が変わるメニューのデメリットを解消する対策を立てることで、安定した収益につながります。

キッチンカー(移動販売車)経営を楽しみ、努力を怠らない

楽しんでいる姿をそのままお客様に見てもらえるのがキッチンカーの魅力です。経営者がキッチンカー事業を楽しんでいれば、その姿がお客様の目にとまるかもしれません。
そして既存の主力商品に満足せず、常に新しいメニューを提供できるような常日頃の努力も大切。お客様を飽きさせない努力を続けることで営業もうまく行き、初期費用の回収も早くなるでしょう。

キッチンカーで収入を上げる方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

キッチンカー(移動販売車)の購入は値段と計画が重要

ここまででお伝えしたように、キッチンカーは新車、中古車、レンタル、リースのいずれかの方法で準備できます。

そして、うまくキッチンカー営業を軌道に乗せるには、キッチンカー購入などにあてた初期費用をいかに回収して利益につなげるのかが重要です。

キッチンカーの値段にだけとらわれず、長期的な計画を立ててから、どの方法で入手するのかを検討しましょう。

開業実績多数!
フードトラックセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
フードトラックセミナーの詳細を見る▶︎