キッチンカー(移動販売車)の値段は?初期費用の回収の目安も紹介

フードトラックを用意しよう
キッチンカー(移動販売車)の値段は?初期費用の回収の目安も紹介
キッチンカーを手に入れるには、新車か中古車を購入するか、レンタルする方法があります。では、その費用はいくらくらいなのでしょうか?今回は、そんな新車・中古車・レンタル車の相場価格とメリットを紹介し、初期費用を早く回収するためのポイントを紹介します。

新車キッチンカー(移動販売車)の値段とメリット

新車を購入してキッチンカーに改造したら、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは、新車でキッチンカー車体を購入し、改造したときにかかる費用の相場とメリットのほかに、新車でキッチンカーを用意する場合の注意点を紹介します。

新車キッチンカー(移動販売車)の相場は200~500万円

キッチンカーとして使うための新車を購入して、キッチンカー用にフルオーダーで改造を依頼した場合の相場価格は、軽ワゴンや軽トラックなら200万円前後、大型ワゴンや1tトラックなら約300~500万円です。
相場の値段に大きな開きがある理由は、調理用器具などの導入する設備のクオリティや外装のデザインなどによって、改造費が大きく左右されるからです。

新車のキッチンカー(移動販売車)のメリットは自分の思い通りに車両改造できること

新車を購入してキッチンカーに改造する一番のメリットは、改造によって理想のデザイン・仕様のキッチンカーを手に入れられること。
あなたの理想を形にすることができます。

車両改造の際に気を付けたいのは、収益をあげられるキッチンカーも意識すること。ついキッチンカーの見た目を気にしがちですが、短時間で商品を提供できる使いやすいキッチンカーにすることも大切。効率良く使えるキッチンカーは、収益につながりやすくなります。

初期費用を少しでも早く回収することを考えるなら、改造費のかけすぎにも注意しましょう。

購入前にリサーチして理想のキッチンカー(移動販売車)をプランニング

後悔のないキッチンカーを手に入れたいのなら、車の購入前にしっかりとリサーチをしましょう。いろいろなキッチンカーを見て、自分の理想とするキッチンカーの具体的なプランを作ります。そうすると、車両改造を依頼する業者とも話が進めやすくなります。
業者を選ぶ際は、複数の業者に同条件で相談して費用の見積もりを出してもらうのがおすすめ。相見積もりを取って比較すれば、納得のいく業者を選べます。

中古車キッチンカー(移動販売車)の値段とメリット

中古車キッチンカーの相場価格とメリットや、購入時の注意点を紹介します。メリット・デメリット共に把握し、失敗しないようにしましょう。

中古車キッチンカー(移動販売車)の相場は100~300万円

中古車キッチンカーの相場価格は、移動販売の専用車両なら170~250万円、普通車のトラック型は100~300万円、軽自動車は150~200万円です。
移動販売の専用車両は、ウォークスルーバンと呼ばれる車両で、荷台の天井が高く腰をかがめることなく作業できます。
トラック型の相場幅が広い理由は、トラックは生産台数が比較的多く車体その物は高くないものの、前の持ち主の改造費額によって相場が左右されているからです。

中古車キッチンカー(移動販売車)のメリットはコスパがいいこと

中古車キッチンカーに使われている車体と同じモデルが新しく販売されると、中古キッチンカーの車体本体の値段も落ちるため、キッチンカーとしての値段も下がります。しかもキッチンカーとしてすでに改造してあるため、コスパが良いです。
中古車キッチンカーなら、新車を購入してキッチンカーに改造するのとは違い、少しでも多くの時間を開業の準備に使えて開業を早められるメリットもあります。

良い状態のキッチンカー(移動販売車)は早く売れる

中古車のキッチンカーは人気があり、特に良い状態の中古車は早く売れる傾向があります。よさそうなキッチンカーを見つけたら、すぐに出品店または出店者にコンタクトを取りましょう。その際しっかりと車検やメンテナンスの状態を確認しましょう。
ただ相場よりもずっと安い中古車キッチンカーは、整備が行き届いていないなどの問題がある可能性も。安すぎる中古車は理由があることが多いので、相場価格を知ってから探しましょう。

レンタルのキッチンカー(移動販売車)の値段とメリット

ここでは、レンタルのキッチンカー費用の相場と、レンタカーを使うメリットをご紹介します。

レンタルの相場は一日3万~10万円

キッチンカーレンタルの相場価格は、平日で3~5万円、土日祝日なら7~10万円です。月単位の長期レンタルが主流で、契約期間が長いと一日単位の料金が安くなります。
レンタルなら保健所の飲食店の営業許可さえ取ればすぐに営業を始められます。自分なりのビジネススタイルがまだ確立していない、またはとりあえず始めてみたいという方におすすめです。
キッチンカーのレンタル料金は半年以上の契約でも月額30万円程度はするため、ビジネススタイルが決まったら新車または中古車キッチンカーの購入を検討するといいでしょう。

初期費用回収の不安を解消

キッチンカーをレンタルするメリットは、自分のビジネスプランを確かめるための最初の車として利用するだけでなく、初期費用を回収できないかもしれない不安が解消されること。
キッチンカーを購入すれば維持費やローンなどの負担がありますが、レンタルならそうした負担がなくなります。

レンタル費用の詳細を確認してから契約する

キッチンカーのレンタル契約を結ぶときは、契約内容の詳細を確認しましょう。レンタル契約には、車両のレンタル料金以外にも、車両の搬入出費や機材のオプション費用などが加算されていることがあります。自分のオーダー通りに契約がされているのかを確認して、わからないことは質問をする姿勢を忘れないようにしてください。

早期回収するための方法とは?

初期費用を早く回収するには、キッチンカーで利益を生む方法を知ることも大切。ここでは、キッチンカーで利益を出すためのポイントを紹介します。

集客力の高い出店場所を確保する

収益力を上げるには、キッチンカーの可動性を生かして、お客様の集まるところに移動し、営業することが大切です。一番の狙い目はビジネス街のランチタイム。ビジネスマンやOLをターゲットにして、ビジネスマンが喜びそうなランチの提供ができると、利益を得やすくなります。
また大規模なイベントやフェスなどは期間限定ですが桁違いのお客様が集まるので、大きな売り上げが見込めます。

日本最大級のモビリティビジネス・プラットフォームのMellowではキッチンカー出店場所の紹介や、事業計画やコンセプトといった開業準備から出店までのトータルアドバイスを受けられる相談会や説明会などを無料で実施しています。
出店場所に迷った時は、一度Mellowに相談してみるのも選択肢のひとつです。

使いやすいキッチンカー(移動販売車)を使うこと

キッチンカーが使いやすいと、利益にもつながります。調理しやすいキッチンを導入したキッチンカーなら、お客様を長く待たせることがない上に、効率よく商品を提供できるので収益も上がります。
また、車両内でのスタッフが動きやすい空間設計になっていて、夏場は調理をしても車内が暑くなりすぎないような暑さ対策ができていると、スタッフも快適に仕事ができるでしょう。

主力商品を作る

集客力のあるキッチンカーには、目玉商品と言えるような主力商品があるもの。主力商品はその店の看板メニューとなり、お客様にも商品を通してキッチンカーを認知してもらえます。そうなれば固定客もできて利益に結び付くでしょう。
もしも主力商品が季節によって売り上げが左右されるメニューなら、それをカバーできるメニューの開発を。季節によって売り上げが変わるメニューのデメリットを解消する対策を立てることで、安定した収益につなげましょう。

キッチンカー(移動販売車)経営を楽しみ、努力を怠らない

楽しんでいる姿をそのままお客様に見てもらえるのがキッチンカーの魅力です。経営者がキッチンカー事業を楽しんでいれば、その姿がお客様の目にとまるかもしれません。
そして既存の主力商品に満足せず、常に新しいメニューを提供できるような常日頃の努力も大切。お客様を飽きさせない努力を続けることで営業もうまく行き、初期費用の回収も早くなるでしょう。

キッチンカーで収入を上げる方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

値段だけでなく今後の展開も考えたうえで購入を

キッチンカーは新車、中古、レンタルのいずれかの方法で準備できますが、ビジネスとして成功させるためには、キッチンカー購入などにあてた初期費用をいかに回収して利益につなげるのかが重要です。キッチンカーの値段にだけとらわれず、長期的な見通しを立ててから、どの方法で入手するのかを検討しましょう。