飲食店向けの補助金・助成金について(新型コロナウイルス感染症に関する東京都の支援策)

フードトラックを用意しよう
飲食店向けの補助金・助成金について(新型コロナウイルス感染症に関する東京都の支援策)
新型コロナウイルス感染症の影響でお困りの飲食店向けの助成金について説明します
非常事態宣言が発令されて以降、外出自粛への意識が高まるにしたがって、飲食店の売り上げは落ち込み、さらには「3密」を避けるため自ら休業するお店も多くなってきています。

生き残りのカギは業態転換

当初一時的と考えられていたこのような状態の長期化に伴い、飲食業界でもインターネットでの通信販売やテイクアウトを始めるなど新しい道を見出そうとする動きが活発化してきています。

多くの飲食店が検討。でも実施までのハードルは高い

しかしながら、実際そういった方向転換できる飲食店はわずかで、何をどう準備すればいいのか、あるいは実際始めたとしてもただでさえ来客が少なくなっている状態で、どう告知していけばいいのか、なにより先行きが不透明な今の状態で新しい試みを始めるための資金面での不安が重くのしかかります。

東京都の対応

このような状況の中、行政としても飲食店に向けて支援を行う必要があり、「テイクアウト」「宅配」「移動販売」への業態転換に対して助成金を用意するなど様々な支援を行ない始めました。

東京都でも業態転換支援(新型コロナウイルス感染症緊急対策)事業として、東京都内で飲食業を営む中小企業者(個人事業主含む)に対して最大100万円の助成金を用意しています。
詳しい内容は上記HPにてご確認ください。

キッチンカー(移動販売)を始めるにあたって使える助成金もあります。支援の内容は地域によって異なりますのでまずはお住まいの担当窓口までお問い合わせください。