中古キッチンカー(移動販売車)を探す!メリット・デメリットも紹介

フードトラックを用意しよう
中古キッチンカー(移動販売車)を探す!メリット・デメリットも紹介
中古キッチンカーのいいところは、予算を抑えるだけでなく、車両改装に時間をかけずに開業ができることです。今回は、そんな中古キッチンカーの探し方と相場に併せて、メリットとデメリットを解説します。中古キッチンカーを購入する際の注意点も紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

中古キッチンカー(移動販売車)の探し方

中古のキッチンカーなら、移動販売車としてすでに改装が済んでいるので、購入してからあまり待たずに開業に結び付けられることがメリットです。では、中古キッチンカーはどこで見つけて購入できるのでしょうか。ここでは中古キッチンカーを扱っているサイトやサービスを紹介します。

車の販売サイトで探す

車の総合情報サイトで、全国の中古キッチンカーの販売情報を簡単に見つけられます。
リクルートが運営する「カーセンサーnet」は中古車の売買情報を掲載しているサイトです。「移動販売」または「ケータリングカー」などのキーワードで検索すると、中古キッチンカーの情報が見つかります。
また「グーネットモール」は楽天市場で展開されている中古車販売のサイトで、楽天会員ならサイトを通して車の販売業者からキッチンカーを購入できます。グーネットモールは中古車の登録台数も多く検索しやすいのが特徴で、「キッチンカー」や「ケータリングカー」「移動販売」などのキーワードで検索すると、全国の中古キッチンカー情報が見つかります。

ネットオークションやフリマサイトで探す

ネットオークションやフリマサイトを使って、個人から中古のキッチンカーを購入することもできます。「ヤフオク!」や「モバオク」などが有名ですよね。

フリマサイトはネット上でおこなわれるフリーマーケットで、出品者が売りたい商品と価格を提示して希望者が購入します。「ラクマ」「メルカリ」などの人気サイトでは、中古キッチンカーが出品されることも。
ネットオークションやフリマサイトには掘り出し物がありますが、キッチンカーの知識がないと購入価格に相応しいかの判断が難しいこともあります。購入するときは慎重におこないましょう。

中古キッチンカー(移動販売車)の相場価格は?

気になる中古キッチンカーの相場価格を見ていきましょう。軽自動車やトラック型などタイプ別に紹介します。

軽自動車の相場価格は150~200万円

車検があり状態がいい軽自動車の中古キッチンカーなら、相場は150~200万円です。生産数の多い軽自動車として考えると高い印象があるかもしれません。しかし、車両本体の価格よりもキッチンカーとして改装するために費用がかかっているため、このような相場価格になります。
車検がない中古キッチンカーなら40~50万円ほどが相場ですが、購入後に車検を含む維持費用だけでなく手間もかかるため、少しでも早く開業に結び付けたいのなら、車検があるキッチンカーを選ぶ方がいいでしょう。

普通トラック型の相場価格は100~300万円

普通車でトラック型の中古キッチンカーの相場価格は100~300万円です。相場価格が軽自動車を利用したキッチンカーとあまり差がないのは、このタイプの車の生産数が多いので、車両自体の価格が比較的落ち着いているからです。

相場価格に幅があるのは、トラックの荷台には個々の要望に応じた改装がおこなわれるためで、その費用の差が中古キッチンカーの相場価格に反映されています。

ウォークスルーバンの相場価格は150~250万円

ウォークスルーバンを移動販売車として改装した中古キッチンカーの相場価格は、150~250万円です。
ウォークスルーバンとは腰をかがめなくても作業ができるほどに荷台の天井が高い車です。トヨタの「クイックデリバリー」や「アーバンサポーター」、いすゞの「ビギン」などが挙げられます。
相場価格の幅が比較的狭い理由は、ウォークスルーバンは荷台の広々とした構造からキッチンカーとして改装しやすいため費用が抑えられるからです。

中古キッチンカー(移動販売車)のメリットとデメリット

中古キッチンカーの購入前に知っておきたいのが、中古キッチンカーのメリットとデメリットです。価格が安いなどのメリットがある一方で、中古のキッチンカーには注意しておかなくてはならない点も。購入後に後悔をしないように、メリットとデメリットをチェックしておきましょう。

メリットはコスパの良さと早期開業を目指せること

中古キッチンカーのメリットは、そのコスパの良さです。同じ車種の最新モデルが出ると、中古キッチンカーとして利用されている同じ車種の車両価格が安くなるため、中古キッチンカーの価格も安くなる傾向があります。
またキッチンカーで開業する前に車両改装をしなくてもいいので、改装費の節約もできます。
中古キッチンカーのもう一つのメリットは、車両改装のための手間や時間をかけないで済むので、開業までの時間を節約できます。さらに開業までの準備期間を車両改装以外のことに集中できるメリットもあります。

デメリットは車両整備に不安が残ること

中古キッチンカーのデメリットは、車両整備の面で不安が残ること。一概には言えませんが、車両の見た目がきれいでも、実際に使ってみると不具合を感じることが稀にあります。
整備で不良を発見し整備に出したものの、新車登録から数年経っているため整備費用が思ったよりもかかったパターンもあるようです。
また中古車全般に言えることですが、前オーナーの使用感が残っています。オートマ車には前オーナー時のエンジンの回り方がコンピューターに記録されます。しかし走っていくことで新しく記録し直されるのでそれほど気になりませんが、マニュアル車の場合、クラッチの癖が残り続けます。

中古キッチンカーを購入するときに注意すること

では、メリットとデメリットを踏まえたうえで、中古キッチンカー購入の際に注意するべきことを紹介します。

見た目だけで決めない

中古キッチンカーには、すぐにでも営業を始められそうなきれいな外装や内装を整えている車両も多いです。しかし見た目がよくても、実際に使ってみると不備があり、購入してすぐに修理に出さなくてはいけないことも。これではせっかくお得にキッチンカーを手に入れたはずなのに、修理費用がかさんでしまいます。
そのようなトラブルを避けるために、中古キッチンカーを購入するときには見た目だけで決めず、整備面で問題がないかをよく確認してから購入しましょう。

アフターサービスのある販売店で購入

もしも整備などのテクニカル面でのチェックに自信がなければ、品質保証をしてくれる信頼できる中古ディーラーでキッチンカーを購入しましょう。メンテナンスなどのアフターサービスも充実している販売店なら、さらに安心です。

TLUNCHならサポートが充実しているので心強い

中古でキッチンカーを手に入れたはいいけれど、営業はどこから手をつけたらいいのか分からない。そんな悩みをお持ちの方に、TLUNCHはキッチンカー事業のトータルサポートをおこなっています。登録は無料で、事業計画やコンセプトなどの開業準備から出店場所の紹介をしてもらえます。

出店場所は首都圏なら190ヵ所(2020年3月現在)にも及び、現在も拡大中です。料金が発生するのは、実際に売上が上がったとき。その額は売上に応じて15%の支払いのみです。開業や出店を検討している方向けの無料説明会も随時開催しているので、一度参加してみるのをおすすめします。

中古キッチンカーで開業を目指そう

少しでも早い開業を目指すのにメリットの多い中古キッチンカーですが、注意するべき点ももちろんあります。メリットとデメリットの両方をよく吟味してから購入を決めましょう。

購入を決めたら、開業へと準備を進めましょう。キッチンカーの開業に不安があるなら、TLUNCHが皆さんを後押ししてくれます。