キッチンカー(移動販売車)は安くレンタルできる?費用相場を紹介

フードトラックを用意しよう
キッチンカー(移動販売車)は安くレンタルできる?費用相場を紹介
コロナの影響で、3密を避けた営業スタイルの確立を急ぐ飲食店。新たな生活様式に沿うと注目されているのが、キッチンカー(移動販売車)という営業スタイルです。この記事では、キッチンカー(移動販売車)をレンタルする場合のメリットとデメリット、具体的にかかるコストやアフターサービスを含めたリースパッケージについて、「フードトラックONE」を参考に解説します。

開業実績多数!
フードトラックセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
フードトラックセミナーの詳細を見る▶︎

キッチンカー(移動販売車)レンタルの費用相場

キッチンカーレンタルとは、その名の通り、キッチンカーをレンタルすることができるサービスです。
ここでは気になるレンタル料金の相場について説明します。

キッチンカー(移動販売車)を購入・製作する場合の相場

まず、キッチンカーを購入やオーダーして製作する場合の相場費用を解説します。車両価格は、軽トラックの新車で100万円前後が相場です。中古車は60万から80万円ほど。そこに、キッチンカーとして必要な内装外装工事費が100万円から300万円ほど掛かります。

既にキッチンカーとして内装工事済の中古車を購入する方法もあります。その場合、相場価格は150万円から200万円程度です。

キッチンカー(移動販売車)短期レンタルの費用相場

キッチンカーのレンタルには、おおまかに短期と長期の2通りの方法があります。「短期レンタル」は、1日から数日間のレンタル。副業として週末だけ営業したい場合や試験的な営業、イベントなどスポットで使用したいときに便利です。短期の料金相場は約2万~10万ほど。1日あたりの料金の目安は大体2万~5万となります。

キッチンカー(移動販売車)長期レンタルの費用相場

長期はおおよそ1ヶ月以上継続してレンタルする借り方です。レンタル料金は、月額で30万ほどが相場です。一見高額に見えますが、1日あたりの料金を考えると短期でレンタルするよりもトータルで安い設定になっていることが多いです。

キッチンカー(移動販売車)レンタルのメリット

キッチンカー(移動販売車)での起業は、キッチンカー本体を購入する、レンタルをする、リースするなどいくつかの選択肢があります。ここでは、キッチンカーをレンタルする場合のメリットについて解説していきます。

コストが抑えられる

キッチンカーをレンタルする場合のメリットの1つはコストを抑えられること。特に初期のコストに関してはかなり安くできます。これからキッチンカーの営業を始め、安定した利益を得るまでに時間がかかることを考えると、できるだけ初期投資は抑えたいところです。レンタルであれば1日あたり数万円で利用可能。数百万円単位の設備資金が手元になくても、レンタルならすぐにキッチンカーを手配することができます。

出店準備期間が短縮できる

キッチンカーのレンタルは、車体がすぐに手配できるので出店準備期間が短縮できる点もメリットです。業者で製作すると納車まで数か月かかりますが、レンタルなら2週間から1か月ほどで使用できます。

オプションで機材が付く場合もある

キッチンカーのレンタルでは、コンロや冷蔵庫などをオプションで必要な機器が付けられるプランがあるとさらに便利です。キッチンカーは営業に必要なさまざまな機材を設置しなければなりませんが、レンタルの際にセットで借りられれば、自分で機材を購入したり、機材だけ別途レンタルする手間がなくなります。

キッチンカー(移動販売車)レンタルのデメリット

キッチンカーのレンタルはメリットの多い方法ですが、注意しなければならないこともあります。ここでは、キッチンカーレンタルのデメリットを解説します。レンタル業者との信頼関係も非常に大切なので、業者選びはじっくり吟味しましょう。

長期間のレンタルは割高になる

長期間レンタルすると費用が割高になることは、キッチンカーのレンタルのデメリットの1つです。長期のレンタルには割引を行っている会社も多くありますが、レンタル料は車両本体分のみではありません。オプションで借りている厨房機器や調理器具にもレンタル料は発生しているのです。1年以上キッチンカーを使用する場合は、購入を視野に入れてみましょう。基本的にレンタルは短期向け、お試し向けと考えた方がいいかもしれません。

内装や外装のカスタマイズが効かない

キッチンカーのレンタルでは、内装にカスタマイズが効きにくい点もデメリットです。ほとんどのレンタル会社で車種を選ぶことはでき、店名などを車体にラッピングすることもできます。ですが、内装に関しては、それぞれの会社での規格に統一されていることが多く、自由が効きません。会社によってはセミカスタマイズができるところもありますが、オーダーで製作したキッチンカーの使いやすさとは比べられないでしょう。

キッチンカー(移動販売車)レンタルにおすすめの車種

ここでは、キッチンカー(移動販売車)のレンタルで人気の車種について解説します。キッチンカーに適している車種の特徴をおさえておくと、レンタル時に選びやすくなるでしょう。

軽トラック

軽トラックは、キッチンに立って調理販売ができるサイズ感が最大の魅力です。キッチン部分には、2人入れるスペースがあります。「スズキキャリイ」「スバルサンバートラック」「日産NT100クリッパートラック」「ダイハツハイゼットトラック」などがあります。

軽バン

見た目が可愛らしく人目を惹く軽バンは、キッチンカーとしてもポテンシャルが高くおすすめです。高さが低いので立ったまま調理ができない点はデメリットです。「スズキエブリィ」「ダイハツハイゼットバン」「日産NT100クリッパーバン」「スバルサンバーバン」などがあります。

キッチンカー(移動販売車)リース「フードトラックONE」の強み

キッチンカー(移動販売車)レンタルサイトはいくつかありますが、短期ではなく長期的に営業していくことを考えるのであれば、レンタルではなくリースプランを検討してはいかがでしょうか。Mellowが提供するリースパッケージ「フードトラックONE」を参考に、具体的コストについて見ていきます。

初期投資が最大4分の1(頭金96万円~)

通常設備の揃ったキッチンカーを新車で購入する際は、400~600万円の初期投資を必要とします。これからキッチンカーの営業を始め、安定した利益を得るまでに時間がかかることを考えると、できるだけ初期投資は抑えたいところです。フードトラックONEであれば、新車のリース費用が頭金96万円(税込)からとなり、初期投資を最大4分の1に抑えることが可能。開業のリスクが減り、安心して新たな事業にチャレンジできます。初期投資を抑えたぶん、設備投資などに予算を回す余裕が生まれ、より自分の理想とするキッチンカーに近付けるでしょう。

毎月85,000円の定額支払い

初期投資が抑えられるのは助かるけれど、月々のリース代の支払いが気になる方もいるかもしれません。フードトラックONEでは、車検や車両保険、自動車税など必要な保険・税金をすべて含めて、毎月85,000円の固定支出となっています。月々の支払いを抑えて、リスクの少ない開業が可能です。
それでも支払いが完了する5年後までの合計で、かかるコストが負担となるのは事実。ですがフードトラックONEならではのさまざまなサポートが受けられることは、キッチンカーを運営していく上で大きな強みと言えます。特に保険はキッチンカーを運営していく上で重要で、施設賠償責任保険や生産物賠償責任保険といった、キッチンカーに関連する幅広い保険を用意しているのがフードトラックONEのメリットです。万一のトラブルに備えておけば、心理的な負担を最小限にできます。

サポート体制が充実

フードトラックONEでは、初めてキッチンカーを営業する人でも安心できるよう、開業前からキッチンカー営業をサポートします。
初めての開業ではわからないことが多く、手続きや申請などに時間を取られるでしょう。できれば事務手続きはスムーズに済ませ、お店の核であるメニュー開発に時間をかけたいですよね。

フードトラックONEは開業前から、事業計画・お店のコンセプト・車両製作・開業準備物に関する相談に乗ってもらえます。また開業後は出店場所の確保や営業に関する相談など、アフターサービスが充実しているのも魅力。長年キッチンカー運営に携わってきたスタッフのサポートを受ければ、安定した営業体制を確保できるでしょう。

キッチンカー(移動販売車)のレンタルには利点が多い

キッチンカー(移動販売車)のレンタルやリースには多くの利点があります。注意しなければならないこともありますが、上手に利用すればコストや手間を抑えながらキッチンカーの開業ができるでしょう。ぜひこの記事を参考に、キッチンカーのレンタルを検討してみてはいかがでしょうか。

開業実績多数!
フードトラックセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
フードトラックセミナーの詳細を見る▶︎