タコライスをキッチンカー(フードトラック)で販売するための準備とは?メリット・デメリットも紹介

メニューを考えよう
タコライスをキッチンカー(フードトラック)で販売するための準備とは?メリット・デメリットも紹介
メキシコ料理であるタコスをアレンジしたタコライスは、キッチンカー販売で人気のメニュー。アレンジしやすく、若い客層を中心に集客が見込めるのも魅力です。ここでは、キッチンカーのメニューにタコライスを取り入れるための準備や、タコライスを提供するメリット・デメリット、タコライスを導入して成功したキッチンカーの例を紹介します。

開業実績多数!
フードトラックセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
フードトラックセミナーの詳細を見る▶︎

キッチンカー(フードトラック)で人気のタコライスとは

キッチンカーのメニューとして人気のタコライスは、タコスというメキシコ料理をアレンジした料理です。ご飯の上にさまざまな具を乗せて食べるタコライスは、味付けやトッピングで多彩なアレンジが可能。ここではタコライスの詳細と、アレンジ例を紹介します。

タコライスはタコスをアレンジした料理

タコライスは、メキシコ料理であるタコスをアレンジした、沖縄発祥の料理です。タコスはトルティーヤと呼ばれる薄いパンで、肉や野菜をはさみ、サルサソースをかけて食べる料理。トルティーヤの代わりに、ご飯にタコスの具に乗せて食べるのが、タコライスの特徴です。1品でボリュームとインパクトがあり、キッチンカーで提供するメニューとして人気があります。

さまざまなアレンジが可能

タコライスは、アイディア次第でさまざまなアレンジが可能です。焼いた卵を乗せるオムライス風のアレンジや、ホワイトソースとチーズをタコライスに乗せて焼く、ドリアのようなアレンジも美味しそう。また、ソースの辛さやトッピングが選べるなど、お客様が好みに合わせてアレンジできるようにするのも、おすすめです。

キッチンカー(フードトラック)のメニューにタコライスを取り入れるには

キッチンカーのメニューにタコライスを取り入れるには、調理や販売設備、資格や許可の準備が必要。キッチンカーと調理器具を用意するのはもちろん、必要な資格や許可、材料や容器のことも忘れずに手配したいものです。ここでは、タコライスをキッチンカーのメニューに取り入れる際に、準備する項目について解説します。

調理・販売設備

タコライスをキッチンカーで販売するには、移動販売に適したキッチンカーと、タコライスを調理するための設備・調理器具が必要です。新しくキッチンカーを手配する場合は、シンクの数などの条件をクリアし、保健所に許可を貰うことで、営業できるようになります。事前に地域の保健所に条件を聞いて、条件に合ったキッチンカーを用意してから、許可を貰うようにするとスムーズです。

タコライスを作るために準備する調理器具は、基本的にフライパン、コンロ、炊飯器、冷蔵庫など。どのようなタコライスを提供するのかによっても、必要な器具は変わります。ドリア風にしたいならオーブン、タコスで使うトルティーヤを揚げたてでトッピングしたいなら、フライヤーなどが必要となるでしょう。

資格・許可

キッチンカーが用意できたら、車検に通し、営業したい地区の保健所に、営業許可の申請に行きます。キッチンカーの営業許可は、提供するメニューによって種類が変わり、タコライスの場合は「飲食店営業」の許可が必要です。

また、キッチンカーでタコライスを扱うためには、「食品衛生責任者」の資格を持つ人が1人以上必要。持っていない場合は、1日の受講で資格が取れるため、事前に予約をして取っておきましょう。

材料や容器

提供するタコライスに合わせて、材料や調味料を準備します。タコライスを入れる容器やスプーンなどの食器や、持ち帰り用の袋、メニュー表なども忘れずに用意しておきたいですね。

持ち帰って食べることを前提とするなら、容器はフタが付いているものが好ましいでしょう。タコライスのようなご飯物は、持ち運びしやすいように安定性があり、断熱性に優れた容器が向いています。お客様が料理を食べたり、持ち帰ったりするシーンを想定して、使いやすい容器を選んでおきたいものです。

キッチンカー(フードトラック)でタコライスを提供するメリット・デメリット

タコライスをキッチンカーのメニューとして取り入れると、新たな集客が見込める、アレンジがしやすいなどのメリットがあります。キッチンカーのメニューとして、売上が期待できそうなタコライスを取り入れる前に、メリットとデメリットもあらかじめ知っておきましょう。

【メリット①】若い客層の集客を見込める

タコライスは、新しいものが好きな若者を中心に人気のメニューです。キッチンカーのメニューとして取り入れることで、新たな集客が見込めるでしょう。また、タコライスは固定店舗としての出店が少ないため、1度食べてみたいと思う人もターゲットにできるのが強みです。

【メリット②】アレンジしやすい

タコライスは味付けや具材、上に乗せるトッピングなどで、アレンジを考案しやすいメニューです。上手くアレンジできれば、他店との差別化につなげやすくなります。また、野菜を増やしてご飯の量を減らすなど、量の調節がしやすい点もタコライスの長所です。オーダーする際に量の調節ができれば、カロリーを気にする人にも食べて貰えるでしょう。

【デメリット】他店とメニューが被る可能性がある

タコライスは提供しやすく、キッチンカーで人気のメニューです。ですが人気であるがゆえに、他のキッチンカーとメニューが被りやすい、というデメリットもあります。メニュー被りの少ない場所を選んで出店する他に、例えメニューが被っても購入して貰えるよう、アレンジを工夫して、自分のお店ならではのタコライスを提供したいものです。

メニューにタコライスを取り入れて成功したキッチンカー(フードトラック)

タコライスのアレンジ例や提供方法を、他のキッチンカーから学んでおくと、新メニューとして導入する際のヒントになるでしょう。ここでは、メニューにタコライスを取り入れて成功した、キッチンカーの例を紹介します。

タコライスの豊富なバリエーションが人気の「トノカフェ」

トノカフェは、都内のオフィス街やイベント出店などで、人気のキッチンカーです。ライブペイントを施した、印象的な外装のキッチンカーで、特製タコライスを提供しています。トノカフェオリジナルのタコライスは、たっぷり入った新鮮な野菜と、タコチップが魅力。スパイシーな甘辛ひき肉を入れ、ボリュームあるタコライスに仕上げています。

トノカフェの人気の秘密は、メニューのバリエーションが豊富なことです。アボカドを半分のせたアボカドタコライスや、辛さをプラスしたホットチリタコライス、肉を使わないベジタリアンタコライスなど、お客様のニーズに合わせ、多様なアレンジを用意しています。

素材にこだわり、本場沖縄の味を提供する「タコライス478」

タコライス478は、沖縄出身の店主が本場沖縄のタコライスを、静岡を中心に提供するキッチンカーです。子どもから大人まで、世代を超えて愛される味を追求しています。タコライスのサイズがS、M、Lから選べる他、野菜やお米などの素材にもこだわっているのが特徴です。シークワーサーサイダーやさんぴん茶など、サイドメニューも沖縄の味で統一し、お店の個性を出しています。

タコライスを新メニューに取り入れて、売上アップを目指そう

キッチンカーのメニューとして人気のタコライスを、新メニューとして上手く取り入れることができれば、売上の上昇が期待できるかもしれません。
ぜひタコライスを新メニューに取り入れてみてはいかがでしょうか?Mellowでは、キッチンカーの運営に関して相談を受けつけているので、メニューに悩んだら、相談しても良いかもしれませんね。

開業実績多数!
フードトラックセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
フードトラックセミナーの詳細を見る▶︎