【後編】まさかのエジプト料理でキッチンカー開業!脱サラ店主の成功への道筋-エジプトめしコシャリ屋さん 須永さんの場合-

フードトラックな人たち
【後編】まさかのエジプト料理でキッチンカー開業!脱サラ店主の成功への道筋-エジプトめしコシャリ屋さん 須永さんの場合-
キッチンカーでお客様に支持される人気のメニューとは何なのか?
食欲を満たしてくれるガッツリ肉料理、手軽に食べられるタコライスやガパオなどの南国系炒めご飯などなど。親しみやすく、そしてもちろん美味しくて、どこの営業場所に出店しても安定した人気のお店は存在します。
ただ今回、皆さんに知ってもらいたいのは、道無き道を切り拓く一人の挑戦者のストーリー。エジプト旅行で食べた「コシャリ」に魅せられて脱サラ。本場エジプトでの修行を経て、2016年3月に念願の日本初コシャリ専門キッチンカーを創業した、エジプトめしコシャリ屋さんの店主、須永司さん。その道のりにはたくさんの試行錯誤があったのです。

営業手腕を発揮する!メディアへの売り込み術

フードトラックマガジン
「ところで、エジプト映画やバレエの演目とのコラボ商品、J-WAVE出演、エジプトのフリーペーパー掲載、TV取材などなどなど…コシャリのメディアの露出のさせ方に、ただならぬ力を感じるのですが(笑)」
須永さん
「いやいや(笑)。皆さんにコシャリのことを知ってもらえる機会が増えれば、たまたま見かけたときに興味を持って食べてみてくれるのではないか、と思ってちょっとずつ露出したいと思っていますね。オファー受けたり、自分で探したり、機会があれば、かたっぱしから受けるようにしています。」

メディアでもひっぱりだこ

フードトラックマガジン
「メディアからも面白がられるのは、須永さんのサラリーマンからの転身ストーリーも強烈ですし、エジプトという日本ではユニークな世界観だからこその強みですね。」
須永さん
「映画『キング オブ エジプト』とのコラボ商品なんかは、普通にやっても面白くないから、『限定商品やりましょうって提案したら、すごく喜んで食いついてくれました。」
フードトラックマガジン
「大衆が好きなものを『ほら、これみんな好きでしょ』と発信する時代ではなくなりつつありますね。個人の強烈な『私はこれが好き!』という発信に、個人個人が共感して、新しい風を作るというか。メディア側もそういうものを求めていますね。」

須永さんの思い描くコシャリの未来

フードトラックマガジン
「今後コシャリ屋さんをここまで持っていきたいなど、目標はありますか?」
須永さん
「牛丼屋みたいに、どこでも食べられる状態まで持っていきたいなぁと。1000店舗は厳しいとは思うけど。どういうステップを踏んでやったらいいかなとか、どこと組んだらいいかなとか色々戦略を練っていますね。あとは、コシャリがインスタントだったり冷凍食品にまでなったら、まぁまぁ広がったのかな、というゴールかな。」

フードトラックマガジン
「2020年の東京オリンピックの時に、コンビニの一角にハラルコーナーがあってコシャリ商品が並んでいたら、その裏には須永さんあり、ですね (笑)。」
須永さん
「色々考えてやっていきたいなと思っているところです (笑)。」

フードトラックマガジン
「体当たりで道を切り拓いたかと思えば、事業計画をコツコツ立てていたり。サラリーマン時代の経験もすごく活かされているんでしょうね。」

須永さんはコシャリを広める使命を背負い、今日もコツコツとお客さん一人ひとりに向き合う

須永さん
「そうですね。ルートセールスがメインのそこそこの規模の会社で、新設されたばかりの新規開拓営業部隊に入社してすぐに配属されたんですよ。だから、これをここに売り込んだら、将来的にはこれだけ大きなマーケットになるよという目測を立てたり、チームみんなをこっち向けて巻き込んで動かそうということを学べましたね。
コシャリ屋だけをやって、生活できればいいやという考えではなくて、どんなステップで広めていこうという絵を描くというか、そんな感じが生きていると思います。」

フードトラックマガジン
「小さい時からそんな開拓者精神があったんですか?」
須永さん
「なんか逆子だったらしいんですよ、生まれてきた瞬間から逆らってたんやって(笑)。 人がやっていることやっても面白くないなという反骨精神は昔からあったけど、グレたりはしてないですよ(笑)。 」

フードトラックマガジン
「そして突撃あってこその人生ですね。」
須永さん
「全部ですね(笑)。 かなり崖っぷちですよね。なんの考えもなしにやってますからね(笑)。」
31 件