【後編】まさかのエジプト料理でキッチンカー開業!脱サラ店主の成功への道筋-エジプトめしコシャリ屋さん 須永さんの場合-

フードトラックな人たち
【後編】まさかのエジプト料理でキッチンカー開業!脱サラ店主の成功への道筋-エジプトめしコシャリ屋さん 須永さんの場合-
キッチンカーでお客様に支持される人気のメニューとは何なのか?
食欲を満たしてくれるガッツリ肉料理、手軽に食べられるタコライスやガパオなどの南国系炒めご飯などなど。親しみやすく、そしてもちろん美味しくて、どこの営業場所に出店しても安定した人気のお店は存在します。
ただ今回、皆さんに知ってもらいたいのは、道無き道を切り拓く一人の挑戦者のストーリー。エジプト旅行で食べた「コシャリ」に魅せられて脱サラ。本場エジプトでの修行を経て、2016年3月に念願の日本初コシャリ専門キッチンカーを創業した、エジプトめしコシャリ屋さんの店主、須永司さん。その道のりにはたくさんの試行錯誤があったのです。

これからキッチンカーを開業する方へ

フードトラックマガジン
「最後に、これからキッチンカーをやりたいと思っている方にメッセージをいただけますか?」
須永さん
「やりたいと思ったらすぐやるべき。すぐやったらええやんって思います。新しいこと始める人がいて、辞める人もいて。うまくいかなかったら時代が来ていなかったとか、風が吹かなかったと思う人もいると思うんですけど、僕はそれを起こすのが経営者なんじゃないかなと思う。いかに風を起こすかっていうのを考えてます。ただ、僕だけの知恵じゃだめなんで、どんどん新しい風に入ってきて欲しいなと思っています」

フードトラックマガジン
「こういう人はキッチンカーに向いてないんじゃないかっていうのはありますか?」
須永さん
「ある程度はどんな人でもできると思いますよ。でもお客さんのためにって考えられない人、お客さんが何を望んでいるのかをキャッチして、それを反映させられない人はあまり続かないんじゃないかな。…すみません、偉そうなことばっか言っちゃって(笑) 全然偉くないんで…。」

フードトラックマガジン
「とんでもない!先輩の言葉は貴重ですから。須永さんがたくさんの先輩たちの経験を、自分のものにしてきたように」
須永さん
「僕は自己満でやりたいというより、仕事で社会貢献したいなって思ったんです。コシャリが何かの役に立つってわけじゃないけど、ライバルって日本の中だけじゃなくて、世界の人材だな、とサラリーマン時代からヒシヒシと感じていたので。だから日本を元気にしたい、日本だけ見て働いていたらだめだ、と。
コシャリをやることによって、暗に、まだまだ知らないことがあるんだぞ、っていうメッセージになればなって。世の中まだまだ広いぞ、こんなにものが溢れているなかで、やっていかなきゃいけないんだぞ、と。そして僕は、『新しい風を吹かせたい、そういうチャレンジをしたい!』っていう人を支援できるようになりたいんです」

須永さんは思い描く未来を真っ直ぐに見据えた表情で、そう語ってくれた。そして照れくさそうに、最後にこう付け加えた。

須永さん
「ま、偉そうなことばっか言ったけど、実際はこんな人間なんですけどね (笑) 」

コシャリの伝道師須永さん

2018/1/5取材、2021/7/21 一部リライト
フードトラックマガジンを運営するMellowでは、キッチンカー出店場所の紹介や、事業計画やコンセプトなどの開業準備から出店までのトータルアドバイスを受けられる個別相談、車両製作や「キッチンカーってそもそも何に気をつければいいの?」「開業までにどういう手順で進めれば良いの?」「失敗しないコツは?」といった疑問を解消するセミナーなどを無料で実施しています。

開業を具体的に検討されている方にも、まだ情報収集段階という方にもオススメです。
ぜひあなたも参加してみませんか?

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎
31 件