キッチンカー(移動販売)の年収はどれくらい?経営を成功させるヒントも解説

開業前のポイント
キッチンカー(移動販売)の年収はどれくらい?経営を成功させるヒントも解説
キッチンカービジネスは、「今の仕事を辞めて、何か新しい事業を始めたい」というときに思いつくビジネスの一つです。とはいえ、どのくらい稼げるのかは気になるところ。開業後は売上を伸ばして高収入を目指したいですよね。今回はキッチンカーで得られる年収の目安や売上を伸ばすためのコツ、経費の抑え方など、経営を成功させるヒントを紹介します。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎

キッチンカー(移動販売)の年収

最近ますます注目されているキッチンカー営業。
まずは移動販売の年収や稼ぐ人の特徴、収支のイメージ、そしてキッチンカー経営の今後の展望を紹介します。

キッチンカー(移動販売)の年収は個人差が大きい

キッチンカーの年収は、ビジネスなので個人差が大きいです。高い収入を得ている人は月収100万、年収にすると1,000万以上、中間層では月収30万~40万、400万~500万ほどの年収です。会社勤めの頃より収入が増えたケースや、逆に経費を差し引くと赤字のケースもあります。
キッチンカー営業は、うまく集客できれば1日に大きく売上を作れます。しかし客足がなければ1日数千円、悪い時は売上0の日も。年収を上げるためには、顧客満足を追求するとともに、経営を学んでいかなければなりません。

キッチンカー(移動販売)で稼ぐ人の特徴

キッチンカーで稼ぐ人は、飲食業界のトレンドをいち早くキャッチし、お客様のニーズに応えたメニューを販売しているのが特徴です。また独自の店づくりやメニューで、他店と差別化を図るのも忘れていません。長期的な経営計画をしっかりたて、来店を促すためにSNSを上手く活用するなど、戦略的に経営を行っています。

キッチンカー(移動販売)の収支イメージ

キッチンカーをワンオペレーションで営業する際の売上の一例です。

【1日の売上】
・平日  30,000円~50,000円
・土日祝 35,000円~100,000円

【1日の費用】
・出店料…売上の10~20%(土日祝は高くなる傾向)
・材料費(原価)…売上の30~35%
・経費(燃料費など)…売上の5%

月の稼働日数が平日15日、土日祝日10日で、月の売上が800,000円、売上の55%の440,000円を費用とした例です。売上から費用を差し引くと、360,000円の純利益が残ります。そこから所得税や住民税、健康保険料、国民年金料を差し引いた金額が、実際の手取り収入です。

キッチンカー(移動販売)の可能性

新型コロナの影響により、今までの生活様式はガラッと変化します。企業のテレワーク化が進み、オフィス街では人が以前より減少。結果、家で過ごす人が増えました。
そのような状況下で、売上を伸ばしているのテイクアウト業態です。
そんなテイクアウト業態の中でも特に注目されているのがキッチンカー営業です。

これからの飲食業界を考えると、店舗のイートイン売上だけで経営していくことはかなりリスクが高いと言えます。
そのため、キッチンカーは飲食店経営者や飲食店開業を志す人からの注目を集めているのです。

キッチンカー営業は成長中のビジネスなので、チャンスは数多くあると言えます。

キッチンカー(移動販売)で年収を上げるサービス・集客のコツ

キッチンカー営業は、限られた時間の中で効率良く食事を提供し、セールストークで一品プラスするのも大切。自身のキッチンカーを宣伝する販促ツールも必要です。提供スピード、客単価、販促ツールの観点から年収を上げる方法を紹介します。

提供スピードを上げる

その場で加熱調理や盛り付けを行うキッチンカー営業では、提供に時間がかかると長い行列ができてしまうことも。
どれだけ効率よく販売できるのかにより、売上も変化していきます。提供スピードを改善し、売上が約3倍になった事例もあるぐらいです。売上を伸ばすためには、まず提供スピードを上げることを考えていきましょう。

客単価を上げる

キッチンカーの客単価は平均1,000円以下と低めです。単価が低いと、稼ぐためには数を売る必要があります。しかし、こちらの思い通りに多くのお客様が来店してくれるとは限りません。そのため客単価を上げる営業努力が必要です。客単価を上げるためには、販売スタッフの接客も大切。お客様が注文した時に、サイドメニューやトッピングをおすすめすると、もう一品購入してくれる可能性もあります。お客様が思わず買いたくなるようなセールストークを考えてみましょう。

販促ツールはお客さんを意識して作成する

タペストリーや看板などの販促ツール(POP)も売上に左右します。
お店の前を通りかかったお客様が一目で何屋さんか理解できるようなわかりやすいもの。注文する際に見やすい場所にある商品POP。遠目で見ても何屋さんかわかるターポリンなど。場所や用途に分けて用意すると良いでしょう。
移動ができる看板は、通行量の多い場所に置くとキッチンカーの出店に気付く効果も期待できます。最近では、おしゃれなカフェテイストのデザインや、日本の伝統色を取り入れた和のデザインも人気です。メニューやターゲット層、全体のブランディングを考慮したデザインが売上に大きく貢献します。

キッチンカー(移動販売)で年収を上げるメニュー作りのコツ

キッチンカーの収入を増やすためには、儲かるためのメニュー作りが大切です。松竹梅メニューを用意する他に、コストとのバランスを見ながらメニューの調理方法を考えると良いでしょう。

松竹梅メニューを考案する

価格を3段階に設定し、松竹梅メニューを販売する方法は効果的です。松竹梅メニューを取り入れると、「松は値段が高いから、絶対に美味しい」という消費者心理が働きます。つまり、来店客の購買意欲を刺激できるのです。商品をランク分けする方法は、購入した商品をお客様に満足してもらえるのと同時に、店側も客単価を上げられるメリットがあります。トッピングのグレードを上げてアレンジできるメニューを考案すると良いでしょう。

どのような調理方法でメニューを提供するのか考える

キッチンカーの出店では、メニューの調理方法も考えます。1から仕込みをするのか、冷凍品を温めて提供するのか、あるいはパッケージされた市販品を提供するのかにより、コストがそれぞれ違うためです。何人かで仕込みを行う場合は、当然人件費も発生します。

また調理方法によっては、冷蔵庫や冷凍庫、調理備品を用意しなければなりません。市販品の提供はコスト面で有利ですが、オリジナルの味が出せないデメリットも。
独自のメニューを販売するにはこだわりも大切なので、コストとのバランスを見ながら、調理方法を考えましょう。

キッチンカー(移動販売)で年収を上げる出店場所を探すコツ

キッチンカーは出店する場所があってこそ営業できます。安定した営業場所を確保する、需要のある場所に出店する他に、Mellowの「SHOP STOP」を利用して出店場所を探す方法があります。

安定した営業場所を確保する

キッチンカーは出店する場所が不安定。年収を上げるには、なにより安定した営業場所を確保する必要があります。
自分で営業場所を探すのであれば、以前キッチンカーが出店していた場所や、「この場所に出店してみたい」と思える場所があれば、自らオーナーに直接交渉する方法があります。

気をつけていただきたいのが、車両製作会社から出店場所の紹介を受けるケースです。
車両製作会社の一部には、車両購入前に「出店場所紹介しますよ」と言ってくださるところもありますが、大体が単発の出店です。
単発出店は継続出店と違い、1回の営業が終われば、また次の出店場所を探さなくてはいけませんが、車両購入後まで出店場所を手配してくださる車両製作会社はほとんどありません。

継続経営を探す際は「継続的に出店できるのか」という点にも注意して探しましょう。

需要のある場所に出店する

以前と比較して、オフィス街ではランチ需要が減り、イベントは自粛。
今までと同じやり方だけでは売上を立てることが困難になりました。

そこで今、出店場所として増加しているのは、ベットタウンや団地、マンションといった住宅立地です。
ここでは在宅勤務者や主婦、ファミリー層を対象に販売します。日本最大級の出店場所プラットフォームのMellowでも、マンションの出店場所が急増。マンションおよび周辺住民の人に向けたサービスを展開しています。
また、最近は行政との連携で、公園など地域の施設を出店場所として活用していっています。

「SHOP STOP」を利用して出店場所を確保する方法も

「個人で出店場所を自分で探すのは大変そう」と思うなら、キッチンカーと出店場所をマッチングするプラットフォーム「SHOP STOP」に登録しましょう。SHOP STOPでは首都圏や関西、福岡を中心に450以上の出店場所を事業者に紹介。
オーナーに出店交渉しなくても、自分に合った出店場所を見つけられます。出店場所やメニュー情報、キャッシュレス決済などの機能を備えた「SHOP STOP」アプリで集客をサポートするため売上アップも期待できるでしょう。

収入の他にも!キッチンカー(移動販売)で費用を抑えるコツ

儲かる経営を目指すには、費用を抑えて手元に利益を残すことが重要。食材や備品のコストを下げる工夫をしましょう。また、Mellowの「フードトラックONE」を利用すれば、車両の初期費用を抑えられるので、資金に余裕が生まれます。

メニューの原価率を意識する

利益を出すには、メニューの原価率を抑えるのが基本。原価率とはメニュー販売価格に占める材料費(原価)の割合です。食材の質を落とさずに材料費を抑えるためには、複数の仕入れ業者から相見積もり、条件の良い業者を定期的に選定します。
既に付き合いのある仕入先の場合、食材をまとめて仕入れ、価格交渉する方法もあるでしょう。また農家から直接、野菜を仕入れるのも一つです。
原価率を抑えるためには食材を無駄にしないことも大切です。それぞれのメニューに共通食材を多く用いると食品ロスを防げます。

備品の経費を考慮する

コストを抑えるためには、消耗品類の経費も考えましょう。最初は紙コップなどの備品類をどれくらい使うのか予想できないので、小ロットから注文するのがおすすめ。お店のロゴを入れる場合は経費が掛かるので、利益が出始めてから検討しましょう。

車両リースで初期費用を抑える

車両の初期費用は300~500万程度と言われています。車両は現金一括や融資を受けて購入する他に、車両リースで準備する選択肢もあります。とくに開業時は売上が安定しないため、車両リースで初期費用を抑え、運転資金を多く残しておくのが得策です。
Mellowの「フードトラックONE」は、頭金960,000円(税込)から、月々85,000円(税込)の車両リースプラン。
車両リースだけでなく、自動車保険など車両を持つにあたって必要な費用と営業場所サポートを全てパッケージにしています。

車両取得に必要な初期費用を最大1/4に抑えられる上に、5年後のリース期間が終了した時に残価を支払い、車両をそのまま買い取ることも可能です。
※220,000円(税込)+諸費用

キッチンカー(移動販売)の経営で年収アップを目指そう!

キッチンカーの開業で成功している人の年収は1,000万以上、中間層で400万~500万、さらにそれ以下の場合もあるので個人差は大きいです。とくに創業時に初期費用をかけず、資金の余裕をもちたいなら、Mellowの車両リースプラン「フードトラックONE」を活用するのがおすすめ。儲かる仕組みを知って、キッチンカーの出店で年収アップを目指しましょう。

株式会社Mellowではキッチンカー出店場所の紹介や、事業計画やコンセプトなどの開業準備から出店までのトータルアドバイスを受けられる個別相談、車両製作や「キッチンカーってそもそも何に気をつければいいの?」「開業までにどういう手順で進めれば良いの?」「失敗しないコツは?」といった疑問を解消するセミナーなどを無料で実施しています。

開業を具体的に検討されている方にも、まだ情報収集段階という方にもオススメです。
ぜひあなたも参加してみませんか?

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎