マスクで飲食店の感染症対策!スタッフもお客様も快適に過ごせるお店を目指して

開業前のポイント
マスクで飲食店の感染症対策!スタッフもお客様も快適に過ごせるお店を目指して
固定店舗やキッチンカーなど飲食店でのマスク着用は、衛生管理や感染症対策として必須になりつつあります。しかし、接客中の表情が見えなくなるため、マスクの導入に不安を感じるお店も多いようです。そこで本記事では、飲食店にマスク着用のルールを導入するステップを紹介します。お客様にマスクの着用を促す方法も見ていきましょう。

飲食店スタッフがマスクを着用する必要性

飲食店スタッフのマスク着用は感染症対策だけではなく、お店の信頼にもつながります。まずは、飲食店スタッフがマスクを着用する必要性を確認しておきましょう。

衛生管理・感染症対策として

風邪などにかかった際、咳やくしゃみによって人にウィルスをうつさないために、体調が悪い時はマスクを着用するのがエチケットとされています。特に昨今は、新型コロナウイルス対策やインフルエンザ対策としてマスクを着用する重要性が高まっています。自分や周りの人の健康を守るための感染症対策としてマスクは必須のアイテムといえるでしょう。

また、お客様へ提供する料理を調理したり、運んだりする飲食店スタッフがマスクをすることで料理に唾液などが飛ぶのを防げるので、衛生管理の面でも大きな意味があるといえます。

お客様に安心感を与える

以前は飲食店スタッフがマスクをすると「表情がわかりにくい」「声が届きにくい」などの理由から、お客様に対して失礼なのではないかという意見もありました。しかし飲食店の感染症対策が広く浸透し始めている現在では、マスクを着用することはお客様へ安心感を与える要素の1つです。

飛沫などを介してウイルスに感染するのではないか、という不安を抱える人も多く、マスク着用による安心感は飲食店にとって重要です。スタッフ全員がマスクを着用することで、衛生管理や感染症対策がきちんとできているお店として、お客様に良い印象を与えられるでしょう。

飲食店にマスク着用を導入するための準備

マスク着用のルールを導入する前に、しっかり準備しておかないとトラブルの原因になりかねません。ここでは、マスクをお店に導入する際に押さえておきたい準備のポイントを紹介します。

マスク着用の理由を提示

飲食店にマスク着用のルールを導入する際のポイントは、マスク着用のデメリットをカバーすることです。マスクは感染症対策の効果が期待できる反面、顔の半分以上が隠れて表情がわかりにくい、声がこもるためコミュニケーションが取りづらいなどのデメリットもあります。また、スタッフが体調不良のためにマスクをしていると勘違いされることも避けたいものです。

飲食店でのマスク着用に関し、お客様に与える不安を少しでも減らせるよう、マスク着用の理由を先に提示しておきます。「衛生面に配慮しマスクを着用しております。」「感染症予防のためにマスクを着用しております。」など、具体的な理由を書いて店内に掲示すると良いでしょう。また、「声が届きにくくご不便をおかけします。」などの一言を添えるとより丁寧な印象です。キッチンカーの場合は外(車体)の目につきやすいところに掲示します。

マスク着用の理由をあらかじめ伝えておくと、お客様の安心感につながるでしょう。

店舗にストックを用意する

感染症対策のために必要となる物資は、十分にストックしておくと安心です。マスク以外にも消毒液、手袋、ペーパータオル、およびそれらの使い捨て用品を廃棄するためのごみ袋などを常に準備しておきましょう。

飲食店内のマスク着用ルールを決める

マスクをお店に導入する準備ができたら、ルール決めを行います。スタッフ全員がマスク着用のルールを徹底することで、お店の信頼度も高まるはずです。ルール決めの際に確認しておきたい、飲食店におすすめのマスクの種類や、マスクの適切な取り扱い方法を紹介します。

スタッフ全員がマスクを着用する

店内にマスク着用の理由を掲示したら、スタッフ全員がマスク着用を徹底することが大切。スタッフの中で誰か一人でも着用していない人がいると、お店に対する不信感につながりかねません。個々の判断でマスクを外さないよう、店内のルールをスタッフ全体で共有します。

キッチンカーの場合は自分以外にスタッフがいないこともあります。そのような場合も決めたルールをしっかり守ることがお客様への誠意を示すことになり、安心感へつながるでしょう。

マスクの種類を決める

マスク着用のルールとして、マスクの種類も決めておきたいところです。黒や派手なカラーのマスクは目立ちやすく、あまり良くない印象を与える可能性があるため避けた方が無難でしょう。清潔感のある白いマスクや淡いカラーのマスクなど、飲食店のイメージに合ったカラーやデザインを選びお店で統一しておくのがおすすめです。

また、口元を覆う部分に透明フィルムを使用した、透明のマスクを利用するのも飲食店に合った案の1つ。透明のマスクならば口元の表情が分かるので、接客の際に重宝します。

マスクの取り扱い方に注意する

マスク着用ルールを導入する際は、マスクの取り扱い方についても詳しく決めておきましょう。マスクは顔のサイズに合ったものを選び、裏表を間違えないよう確認してから着用します。

使用中や使用後のマスクには、ウイルスを含む飛沫(唾液など)が付着している可能性もあるので、表面は汚染されていると思って取り扱うようにします。外す時や処分する時はマスクのひも部分をつかみ、本体部分を手で触れないように注意しましょう。また、マスクを触った手は速やかに石鹸で洗い、アルコール消毒を忘れずに行います。

定期的に交換する

衛生上の観点から、一度外したマスクは再び着用しないことが理想。また、マスクを長時間着けていると吐息で湿って雑菌が繁殖する恐れがあります。そのため、マスクから湿り気や臭いを感じたらこまめに交換したいものです。

マスクを着用していてもマスクが汚れていたり痛んでいたりすると飲食店として良い印象を与えません。定期的にマスクを交換して、清潔な印象を保ちましょう。

飲食店内でマスク着用時の熱中症対策

夏場は常に熱中症の心配がありますが、マスクを着用している時はさらに注意する必要があります。マスク着用時は自分の呼吸によって温かい空気がマスク内にこもり、体温が上昇しやすいためです。飲食店でマスク着用を導入するならば、熱中症対策を忘れてはなりません。

エアコンなどで室温調整をする

感染症対策としてお店の窓やドアを開けて換気すると、夏場は室温が上がってしまう可能性があります。そのため、エアコンで室温を適切に調整するなどの対策が必要です。

特にキッチンカーの車内は温度が上昇しやすいので、設備を整えることが重要。スポットクーラーや扇風機などを導入すると、暑い日でも快適に営業できるでしょう。

水分補給をする

熱中症対策として特に重要とされているのが水分補給です。なかには、お店が忙しい時間帯に手を休めて水分補給することに抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかし適度に水分を補給しないとスタッフが熱中症で倒れてしまう可能性があります。

のどが渇いていなくても時間を決めて水分を補給する、手に取りやすい位置に飲み物を置いておく、休憩を適度に取るなどの工夫をして、スタッフを熱中症から守ることが大切です。

冷感マスクを利用する

夏用の冷感マスクを熱中症対策の1つとして使うのも良いアイディアです。接触冷感素材や、洗って繰り返し使える夏向き素材のマスクは着用時も蒸れにくく、涼しさが体感できます。夏用マスクはさまざまなメーカーから発売されており、それぞれ特徴があるので、快適なマスクを探してみましょう。

お客様に飲食店内でのマスク着用をお願いする方法

スタッフとお客様が同じ空間にいる飲食店での感染症対策は、スタッフのマスク着用だけでは成り立ちません。お店を利用するお客様にも、できる限りマスク着用のお願いをしたいものです。最後にお客様にマスク着用をお願いする方法について紹介します。

マスク着用のお願いを掲示する

店舗入口および店内に、食事中以外はお客様にマスクの着用をお願いする旨を掲示しておきます。マスク着用はお客様やスタッフの健康と安全を守るために必要であること、お客様が安心して利用できるお店づくりの一環であることなど、マスク着用をお願いする理由を添えておくと好印象です。キッチンカーでも並んでいる時や、購入時にマスクの着用をお願いするようにします。

目につきやすい場所に掲示すると、お客様のマスクに対する意識をより高められるでしょう。

店頭でお客様に伝える

席に着くとマスクを外してしまうお客様もいるので、席に案内する前に「食事中以外はマスク着用をお願いします。」とアナウンスするとスムーズです。マスク着用はお客様の健康を守るためにも必要であることを丁寧に伝えられるよう、練習しておくと良いですね。

マスク着用ルールを決めて快適な飲食店に

飲食店へのマスク着用の導入は今までにない試みで、戸惑うこともあるかもしれません。しかし感染症対策のため、スタッフとお客様が一丸となって行動することが大切です。マスク着用ルールを徹底し、スタッフもお客様も快適に過ごせるお店づくりを目指しましょう。