キッチンカー(移動販売)は儲かる?収入相場と売り上げアップの方法

開業前のポイント
キッチンカー(移動販売)は儲かる?収入相場と売り上げアップの方法
キッチンカーとは、近年人気の移動販売です。少ない資金で起業できることから、飲食業の起業に興味を持つ方もいるでしょう。この記事では、キッチンカーで得られる収入の相場や収入をアップする方法を分かりやすくご紹介します。

キッチンカー(移動販売)は儲かる?

キッチンカーを始めるにあたって一番気になるのが、キッチンカーは実際儲かるのか、収入はどれくらい見込めるのか、ということではないでしょうか。

収入の相場

キッチンカーの平均収入は、年収約700〜800万円程度と言われています。ただし、キッチンカーは売り上げに差が出やすく、収入の幅も大きいため、この数字は収入の高い人たちが平均値を押し上げた結果です。それらを除いた年収の平均価格帯は、年収400万円~500万円、月収30万円~40万円ほどが一般的です。

キッチンカーで多くの収入を得ている人の中には、大規模な音楽フェスで1日300万円の収入を得る人なども存在し、年収1,000万円、月収100万円は稼ぐ人もいます。ただしそのように極端な売り上げが出るイベントは少数で、そのイベントに出られるという保証もありません。

一方で、必要経費を差し引くと赤字の人もいることも頭に入れたうえで、事業計画を立てる必要があるでしょう。

キッチンカー(移動販売)で安定的な利益を得ている人の共通点


・ランチ営業で固定客をつかんでいる
・売れる定番のメニューを持っている
・提供のスピードが速い
・商品を美味しそうに見せている
・キッチンカーが大きい
・イベントでも収益を上げる仕組みを確立している

キッチンカーでは、独創性があり、他の店舗にはないアイデアを持つ人が成功しやすいです。しかし必ずしも多彩な才能を持つ人ばかりとは限らず、努力家で研究を怠らず、顧客が求めているものに対して応えることができる人が成功しているようです。また、戦略的な広告を打ち出したり、経営力も成功するための要素です。      

主な必要維持費

キッチンカーを営業するには、当然ながら食費の他にも維持費がかかります。確実に利益を出すためには、主に次のような維持費がかかることを把握しておきましょう。

・ガソリン代
・駐車場代
・自動車保険代
・包材などの備品費用
・食材の仕入れ費
・出店料
・PL保険料

儲かるメニューの選び方

では、キッチンカーで儲かるためには、どのようなメニューの選び方をすればいいのでしょうか。

定番のメニューを選ぶ

キッチンカーでは、焼きそば、ラーメン、唐揚げ、カレーライスといった定番のメニューが人気です。例えば焼きそばは、年齢性別問わずお年寄りから子供まで食べられ、季節を問わずに売れるメニュー。市民権を得ているメニューは、誰もがどんな食べ物かを知っているだけに需要があります。

他店舗がやっていないメニューを選ぶ

定番メニューは売れやすいものの、出店する際に同じメニューを扱っているライバル店があれば、断られることも。他の店舗がやっていないメニューを展開することで、集客効果が見込めます。ただし、市民権を得ていない商品は、最初のハードルが高くなってしまうため工夫が必要でしょう。馴染みのある食材と組み合わせることで、イメージがつきやすくなります。

看板メニューを一品作っておく

複数の商品を販売していたとしても、これだけは他所に負けないという「店の看板メニュー」は持っておきましょう。「〇〇といえばあのお店」と認知されることが強みになります。メニューの拡大を図るときも、看板メニューを軸に、それに関連したメニューを広げていくとよいでしょう。

原価が安く価格が高いメニューを選ぶ

当然ながら、原価が安く価格を高めに設定できるメニューほど儲かります。例えば、粉物系は原価が安く、粉の状態なら常温保存も可能です。その中から価格設定を高めに設定できるものを選ぶとよいでしょう。例えば、ピザは原価が安く価格設定も高めですが、トッピングを替えて数種類を販売することが可能です。

キッチンカー(移動販売)で売り上げをアップするには?

キッチンカーで儲かるためには、長期的な計画を立て、戦略的な策を打ち出していきましょう。

客単価を上げる

キッチンカーの客単価は、ほとんどが1,000円以内で決して高くはありません。客単価を上げるには、付加価値をつけるようにします。「〇〇ご当地」の食材を使ったもの、オーガニックへのこだわり、ワンサイズ大きいものなど、なぜ付加価値があるのかお客様が分かりやすいようにすることが大切です。

季節感を出す

旬の野菜なら安く手に入ることなどを利用して、季節に合わせて少し付け合わせを替えたり、トッピングを替えたりして、メニューに変化を与えましょう。マンネリ化を防ぎ、リピーターを飽きさせない工夫も必要です。

提供のスピードを上げる

回転を速くすればするほど客数をこなせるため、提供のスピードアップが収入アップにもつながります。集客に成功し、どんなにお客さんが集まってくれても、調理や盛り付けに時間がかかってしまっては、長い列ができるだけ。特に平日のランチタイムなど限られた時間内では、どれだけ早く提供できるかが、売り上げにつながります。

独自性のあるメニューとキャッチコピーで勝負!

独自性のあるメニュー開発とともに、アイキャッチ効果のあるメニュー名やキャッチコピーをつけることも効果があります。そのメニューがおすすめな理由をメニュー名やキャッチコピーに取り入れて、顧客の興味を引きましょう。

出店場所の選び方と探し方

キッチンカーで販売するためには、出店場所が必要です。儲かるには、どんな場所を選び、どう探すのがよいのでしょうか。

平日のオフィス街や大学のランチは安定した収入に

イベントはたいてい週末に行われ、常に開催されているわけでもありません。安定した収入を得るには、平日のオフィス街や大学のランチタイムなどの出店場所を確保する必要があります。出店場所の下見では、メニューのターゲットとなる客層がどれくらいいるか、客の流れなどのチェックポイントをもとに、出店場所を選びましょう。

大規模イベントは高い売り上げにつながる

大きなイベントやフェスで集客に成功した場合、高い売上につながる可能性はありますが、超高額な出店料が設定されていて利益が少ない場合もあります。出店する前に条件をしっかり確認しましょう。一度出店して集客率が高かった場合は、再出店への声がかかることも。

また、イベントの主催者がSNSで情報を発信していることも多くあります。インターネットでのリサーチに加え、SNSにて常に最新情報をキャッチするようにしましょう。

同業者との繋がりを作る

出店時に隣になった人など同業者と仲良くなると、新たな出店場所を紹介してもらえることもあります。横の繋がりでは、同業者の経験談や、表に出回っていない裏情報も入ってくることもあるため、同業者とは積極的に交流して、情報交換を行いましょう。

出店場所貸し出し業者とのマッチプラットホームの活用

フードトラックは急速に伸びているビジネスのため、出店場所を貸し出す業者と出品希望者のマッチングプラットホームを利用するのがおすすめです。

TLUNCHは日本最大の出店貸し出し業者と出品希望者のマッチングプラットフォーム。出店登録料は無料で、出店場所への応募やサポートを受けられます。料金が発生するのは実際に売り上げが計上されたときのみ。その15%が手数料になります。顧客がTLUNCHアプリでキッチンカーの場所を見つけて、自ら足を運んでくれます。

キッチンカー(移動販売)の宣伝方法

こだわりのメニューと出店場所が確保できたら、収入アップを図るために積極的に宣伝をしましょう。

大きく派手な看板の制作

キッチンカーは初めての顧客が多いため、看板で判断されがちです。なるべく大きく派手めの看板やタペストリー、のぼりを作って目立たせましょう。ターゲットとなる客層の好みそうなデザインや、メニューが一目で分かりやすいデザインであることも重要。また、美味しそうに見える写真は購入意欲をそそります。

インスタ映えする写真でSNS集客

キッチンカーは固定店舗と違い移動するため、どこで営業しているのか自分から情報を発信する必要があります。そこで有効なのが、即効性に優れるSNSからの情報発信。ただしSNSはタイムラインが埋まってしまいがちで、過去の記事はすぐに流れてしまうことも。ブログからの発信も併用することで、必要な情報のみを見てもらうことができます。

また、キッチンカーの集客にはメニューの写真の見栄えも大事。「インスタ映え」する写真を撮って、SNSやブログで集客を狙いましょう。

スタンプカードや友達紹介制度

スタンプカードや友達紹介制度などを利用して、新しい顧客の集客につなげるとともに、固定客の拡大も図っていきましょう。

キッチンカー(移動販売)で儲かるには地道な研究がカギ

キッチンカーで成功するには、独創性と戦力的なプランが必要になります。しかし、必ずしも多彩な芸術性や経営力を持った人ばかりが成功するとは限りません。地道に研究を重ね、儲かっている人の観察をしながら、試行錯誤を重ねていくことこそ、キッチンカーの成功につながるのではないでしょうか。