キッチンカー(移動販売)とは?開業から出店までを徹底解説!

開業前のポイント
キッチンカー(移動販売)とは?開業から出店までを徹底解説!
各営業場所でさまざまなお客様と出会えたり、その場で出来立ての料理を提供できたり、店舗よりミニマムな条件で始められるキッチンカーでの移動販売。近年は、「料理の経験を活かして次のステップに進みたい」「自分の味で勝負をしたい」「飲食店ではなくフードトラックで開業したい」「飲食店の2店舗の展開として始めたい」と考える人がキッチンカーでの事業に多く参入しています。この記事ではこれから移動販売を始めようと考えている方に、開業から出店するまでの業務内容や売上アップのポイントを紹介していきます。

キッチンカー (移動販売)の魅力とは

ランチタイムのオフィス街や、お祭りやイベントでもよく見かけるようになったキッチンカーでの移動販売。そこで、キッチンカーのポテンシャルや魅力を紹介していきます。

開業の初期費用や家賃などの固定費を抑えられる

キッチンカーは固定店舗に比べると、開業資金や運営のためのランニングコストを大幅に削減することが可能です。

固定店舗の場合、厨房機材・内装工事費・家賃・食器・看板・レジ・運転資金など開業資金に1,000万円〜掛かると言われています。

キッチンカーの場合では、厨房機材・車両製作費で初期費用は350万円〜と、大幅に費用を抑えて開業することが可能です。家賃の代わりにガソリン代や場所代などはその都度掛かってきますが、ローコストで自分のお店を開業できるのは大きな魅力ではないでしょうか。

集客が見込める場所を狙って出店できる

キッチンカーは、固定店舗を構えるのはなかなか難しい人気の立地にも出店が可能です。

固定店舗の場合、どうしてもお客様を待つスタイルになってしまいますが、キッチンカーだと人が多い場所に自分から出向いてアプローチしていくことができます。

出店する場所や天候に合わせて扱う商材を見極めお客様に提供することができれば、集客を最大化していけるのも強みの1つです。

また、コロナの影響で外出を控えるムードが高まる中、ベッドタウンや団地、マンション群などの住宅街において、キッチンカー販売の需要が高まっています。遠出しなくても料理が買えるキッチンカーは、感染リスクを抑え、お客様が安心して利用できるという強みも。自粛疲れを癒す存在として、新たなニーズが見込めるでしょう。

自分の世界観を演出できる

キッチンカーの画像を検索すると個性豊かな車がたくさん出てきますよね。「自分だったらこんなデザインにしたいな」と見ているだけでもワクワクする人も多いでしょう。

使用する素材、内外装、スタッフが着るユニフォームなど固定店舗に比べて費用を抑えながら、車という限られたスぺースを活かし、コンセプトに合わせた自分の世界観にとことんこだわって作ることができます。

再チャレンジできる

お客様の食に対する見方やお店選びの目は、年々シビアになってきます。

営業し始めたばかりの時期は提供がうまくいかなかったり、待たせすぎてしまうこともあるでしょう。しかし、期待してくれているお客様の心が一度離れてしまうと、その後改善したとしてもなかなか戻ってきてはくれません。

キッチンカーであれば、新たな場所に行けばまたゼロからスタートができます。失敗やトラブルを糧にレベルアップをしていけるのも大きな魅力のひとつです。

キッチンカー(移動販売)の開業から出店するまでの流れ

「キッチンカーで移動販売を始めてみたい!」と思ったときに次にくる疑問は「どのように開業をして出店するのか」ということではないでしょうか?そこで、キッチンカーの開業から出店までの流れと、実際の業務内容について紹介します。

1、コンセプトとメニューを決める

何よりも大切な第1ステップです。

ここを疎かにしてしまうと、軸がなく、車をどうするか、なんの営業許可を取得すればいいのか、どこに出店すればいいのか、を決めていくことができません。

2、キッチンカー (移動販売)を手に入れる

移動販売の世界に足を踏み入れるなら、まずキッチンカー自体を手に入れなくては始まりません。
まず、知っておきたいのは、現在、既製品でキッチンカーは販売されていないということです。
ベース車両(各自動車メーカーから出ているトラックや軽自動車)に、キッチン部分を架装したものをキッチンカーと読んでいます。

キッチンカーを手に入れるには、大きく5つの選択肢があります。

①未架装新車
②未架装中古車
③架装済み新車
④架装済み中古車
⑤レンタル


【①②「未仮装」の車を購入して架装する】
ゼロから自由に設計して自分の理想のキッチンカーを手に入れたい方におすすめです。メニューに合わせた提供オペレーションを組みやすい内装が実現できます。
しかし、「理想の形を追求しすぎたあまり、初期費用の回収に時間がかかる」「納車までに早くて2〜3ヶ月、長くて半年ほどかかる」こともよくあります。重要なのは、「見た目」よりも「売れること」を意識したキッチンカー製作をすることです。

【③④「架装済み」の車を購入する】
外装・内容の整備がすでにされているものもあります。そのため製造費用の負担が少なかったり、架装部分を0から行う1、2に比べて納車が早いこと(現在はどの製作会社も混んでおり、2〜3ヶ月かかることも多々あります)、移動販売に必要なもの(機材や看板など)を準備すれば比較的早く営業をスタートすることができるというメリットもあります。

【②④の中古車を検討する場合】
重要なのは距離数です。軽タイプは5~6万kmまで。普通タイプ1t~は7~8万kmまでを目安としてください。また、整備記録簿を確認してちゃんと整備されてればOKです。10万kmオーバーは避けましょう。
見た目は綺麗だったもののすぐガタがきたという車両も中にはあるので、購入前によく確認することがマストです。

【⑤レンタル】
できるだけリスクを抑えて移動販売を始めたいと考えている方には「レンタル」する手段もあります。レンタル会社によっては数日から貸し出し可能なところもあります。レンタル車両と必要な機材をそろえた段階ですぐに始められることを考えれば、費用面・精神面でもスタートしやすいですよね。

ただ、長期的に考えた場合はレンタルでは割高です。最終的に費用面・設備面・期間などを考慮したうえで検討してみてください。

また、車両を良い状態で保っておくと、キッチンカー事業を撤退するときに売却することも可能です。あらゆるリスクヘッジを見込んでキッチンカーを用意することをおすすめします。

3、開業するための手続きをおこなう

キッチンカーで移動販売を始める前に、必要な資格や申請についても知っておきましょう。

例えば東京で移動販売をする場合だと、

①営業許可申請書
②営業設備の大要・配置図
③営業の大要
④仕込場所の営業許可書の写し(営業許可がある場合)
⑤許可申請手数料
⑥登記事項証明書
⑦食品衛生責任者の資格を証明するもの


これらの書類の手続きが必要です。(参照:東京都福祉局 食品衛生の窓より)

ただし、営業する地区によって必要な書類や許可条件は変わってきます。自分が営業したい地域の保健所に詳細を確認してから準備を進めるようにしてください。

4、営業場所を確保していよいよ出店

移動販売に必要な車を準備し、申請や手続きも完了して「さあいよいよ営業!」と思いたいところですが、許可のない私有地や公道では営業することができません。

出店計画が後手に回ると、出店場所が見つからない無駄な時間を過ごし、初期費用の回収見込みが遅れたり、早く営業を始めたいという焦りや不安が募ってしまいます。

営業をするにはまず営業場所の確保が必要です。出店場所を紹介してくれるサービスがあったり、自分でマルシェやフェスなどのイベントに応募したり、スーパーの駐車場などへ問い合わせをしたりするなどいろいろな方法があります。

しかし、自分の営業力だけで安定した収入を得る出店スペースを確保するのは至難の業。フードトラックの営業場所を数多く確保しているサービスに登録するのがオススメです。

営業する場所によって集客や売上にも大きな影響が出てくるので、営業場所の新規開拓は常におこなっていきましょう。

アフターコロナを生き抜くキッチンカー(移動販売)営業とは?

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、キッチンカーを取り巻く環境に変化が見られます。キッチンカーの営業体制は3密を避けやすく、コロナ禍で営業していく上で多くのメリットを実感できるでしょう。

コロナに負けないキッチンカー(移動販売)営業のメリット

コロナ感染拡大から、3密となりやすい店舗での外食を控える人が増えています。しかし一方で、キッチンカーなどテイクアウト方式の飲食店は需要増加も。キッチンカーを営業する最大のメリットは、3密(密閉、密集、密接)を避けられることです。キッチンカーを営業する場所はほぼ屋外であり、密閉の心配がありません。お客様がその場で食事を食べるわけでは無いため、密集と密接の可能性も低くなるでしょう。

また、コロナ禍ではキッチンカー営業に対して助成金が出るケースがあります。ただし、助成金は自治体によっても内容が違うので注意が必要。詳しくは以下のリンクを参考にしてください。

キッチンカー(移動販売)営業がうまくいかないときは?

キッチンカーを成功させるには、目まぐるしく変わる社会状況に対応していくことが必要です。しかし、それでも売上を上げられない壁にぶつかることもあるでしょう。売上が上がらない原因があっても、自分では気づきにくいもの。キッチンカー営業がうまくいかない場合の解決策として、キッチンカー運営のプロに相談するのがおすすめです。キッチンカー運営の知識豊富なスタッフのアドバイスを受ければ、状況が良い方向へ進んで行くかもしれません。
Mellowではキッチンカー運営を考える方へ、開業準備、キッチンカーの出店場所の紹介、営業許可取得の段取りや車両製作についての相談などをサポートしています。開業支援もあるため、初めてキッチンカーの営業を検討している方も、開業前に相談できて安心です。

またキッチンカーであれば、休業の際も家賃がかからないため、休業のリスクが抑えられます。一度休んで、じっくり戦略を練って経営を立て直すのも良いでしょう。売上向上はもちろん、安定した営業のために、お客様のことを考えて営業方法を工夫することも大切です。

キッチンカー(移動販売)で売上を伸ばし続けるためのポイント

キッチンカーを開業したらいかに売上や利益を生み出すかが課題となってきます。ここでは開業した後、売上を伸ばし続けるためのポイントをお伝えします。

お店のファンを作る

お店のファンとなってくれる人は移動販売先に訪れてくれたり、クチコミをしてくれたり、お店の売上や価値を高めてくれる大切な存在です。

ただし、一度「おいしくなかった」「堅かった」「冷めていた」などのネガティブな感想を抱かせてしまうと、ファンを作るどころかお客様はもうお店には来てくれません。前提として、何人並んでいてもおいしい状態で料理を提供できることが重要です。

良いものを提供していきながら、新メニューの開発はもちろん、今までとは別の場所に出店して新たなお客様と出会っていくなどの改善を常に続けながら、新しいファンの獲得にもつなげていきましょう。

シズル感でお客様の食欲を最大限そそる

シズル感とは、ジュージュー焼ける音、香ばしい香り、熱々の湯気などのライブ感で五感に訴えかける演出方法です。

調理する工程をお客様に見える形にしたりして、待っている間にも「見ていて楽しい!」と思ってもらったり、食欲をそそる工夫をおこなっていきましょう。

提供スピードを上げる

例えばオフィス街のランチタイムの場合、お客様にとっては貴重な昼休みなので、長く並ぶことはできません。1食1分程度が理想のスピードです。

調理工程ももちろんですが、袋詰めはセルフサービスにする、おつりは決まった小銭をセットにしておくなど、小さなことでも時間短縮につながります。提供オペレーションを洗練させていきましょう。

正しいリスクマネジメント

キッチンカーは食を取り扱うこと、車、ガスや発電機などの危険物も取り扱うことから常に危険と隣り合わせであることを自覚しましょう。正しい衛生知識は必須です。

また、営業場所は土地のオーナーから借りているスペースです。そのスペースのルールを遵守しなければ、せっかく見つけた営業場所でも営業し続けることができなくなります。一つの甘い認識で営業停止に陥る危険があることを自覚しましょう。

いつでも安全を肝に銘じて行動することは、お客様にも「安心感」となって伝わるはずです。

積極的にSNSを発信する

今の時代、SNSを上手く活用することがビジネス拡大のポイントです。

伝えたいことを一方的に伝えるだけでなく、キッチンカーで販売しているものやこだわりなど、ユーザーとのつながりや共感を意識して発信していくと、お店のファンになってくれるきっかけにもつながっていきますよ。

安心して利用できる環境を作る

 テイクアウトが前提のキッチンカーでも、新型コロナウィルスなどの感染症対策は念入りに。お客様が安心してキッチンカーを利用できるよう、スタッフがマスクをするのはもちろん、アルコール消毒液をカウンターなどに置く、業務前に体温を測る、清掃や消毒を定期的に行うといった対策をしましょう。また、これらの対策をしていることがお客さんに伝わるよう、張り紙などでアピールすると、お店への信頼感に繋がります。

キッチンカー(移動販売)は毎日多くのお客様との出会いが楽しめる

キッチンカーは既存のお店の価値観だけでなく、その土地のお客様と出会えたり、同業の仲間が増えたりと、いろいろな世界が見えてきます。ぜひあなたもキッチンカーライフを楽しんでみてくださいね。