キッチンカー(移動販売)を開業したい!必要な資金や許可、利用できる補助金・助成金とは

開業前のポイント
キッチンカー(移動販売)を開業したい!必要な資金や許可、利用できる補助金・助成金とは
移動販売ビジネスの拡大により、キッチンカーの人気が高まっています。
開業しやすいイメージのあるキッチンカーですが、成功するためにはしっかりとした準備が必要です。
この記事では、キッチンカーを開業するまでにかかる資金や必要な許可、新たに始まった補助金・助成金について紹介していきます。

目次

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎

コロナ禍におけるキッチンカー(移動販売)の現状

社会や生活様式の変化により、飲食業界を取り巻く現状は大きく変化しています。
テイクアウトやデリバリーの利用が急増し、飲食業界は大きな転換期を迎えています。
そんな状況を踏まえ、キッチンカーなど新しい営業形態の支援に、政府や自治体も動き出しています。

キッチンカーをはじめ、テイクアウト利用をする人が急増

新しい生活様式が定着し、テイクアウトがこれまで以上に当たり前になってきています。
特にキッチンカーは、移動ができるので人々の生活圏内に入りやすく、さまざまな場所でお客さんに親しまれています。

政府や自治体もキッチンカー(移動販売)やテイクアウトに注目している

キッチンカーは消費者の要望だけではなく、感染症の広がりから提言された「新たな生活様式」に沿っているため、政府や自治体からも注目されています。
補助金や助成金の中には、キッチンカー開業にも利用できるものがあり、新たな事業のスタートに利用できます。またそれぞれ内容は異なりますが、自治体からも補助金や助成金、キッチンカー誘致などの後押しもあるので、近隣の自治体の取り組みを調べておきたいですね。

キッチンカー(移動販売)を開業するメリット4つ

家賃や人件費などが抑えられる

固定店舗の飲食業のように、家賃や光熱費、店舗の大きさに合わせた人件費などの大きな出費を最小限に抑えられます。

オフィス街や住宅街、商業エリアなどさまざまな環境へ出店できる

営業許可証があれば、オフィス街やイベントなどお客様の多い場所へ移動して販売することができます。

料理や車でこだわりを表現できる

とことんこだわった料理をお客様に提供できるのはもちろん、キッチンカーの内装や外装など、すべてに自分なりのこだわりを詰め込んで表現することができます。

新しい生活様式に適している

コロナウィルスの影響もあり、人々の生活様式は変わってきました。
その中で、移動ができるっや固定費がかからないといったポイントはキッチンカーの大きな強みと言えるでしょう。

営業場所が固定でないことで生活様式の変化による人の流れにも対応できることもメリットといえます。
例えば、以前までオフィス街が主流だったランチタイムには、住宅街に移動して在宅勤務をしている人向けに営業することで、売上を確保することができます。

キッチンカー(移動販売)で開業するまでの流れ

キッチンカーの開業をするための流れは一般的には下記のようになっています。
step1情報収集
step2目的の整理
step3営業場所の検討
step4車両・仕込み場所の検討
step5保健所での営業許可の取得
step6開業


それぞれについて詳しく解説していきます。

step1情報収集

開業や起業をする場合、必要な費用を把握しておくことが大切です。
メニューや食材費、設定金額から、利益を出すために必要な1日の販売数などを調べておきましょう。

キッチンカーの場合は、キッチンカーの内装・外装、仕込み場所の設備費、出店場所、駐車場代、ガゾリン代なども必要になります。その際、光熱費などの変動費も計算しておくのを忘れないようにしてください。

また、出店しようと考えている地域で人気のキッチンカーについても調査しておくとメニュー開発の際にも参考になるのでおすすめです。

step2 目的の整理

沢山あるキッチンカーの中で差別化を図るには、独自のこだわりを掲げることが必要になります。
少々難しいですが「なぜキッチンカーを始めようと思ったのか」などを振り返り、目的を整理しましょう。

目的が定まることで、お店のコンセプトやジャンル・メニューを考えやすくなります。また、周辺の飲食店などとの差別化ができる、独自性のあるキッチンカー作りにも繋がります。

step3 営業場所の検討

営業場所やイベントなどをある程度把握しておくと、開業後にスムーズに移動販売を進めることができます。
キッチンカーの出店場所として、オフィス街や商業施設などのデッドスペースの有効活用として貸し出す場合も多いです。

必ず車両を購入する前に営業場所の目処を立てましょう。
車両購入後に営業場所が確保できずに苦労する方は非常に多いので気をつけましょう。

最近ではベッドタウンや団地など、住宅地への出店が増加している傾向にあります。
営業場所の検討と合わせてその場所にあったお店作りをしていきましょう。

step4 車両・仕込み場所の検討

車両の確保の方法には、購入・レンタル・リースなどの方法があります。
支払い方法も割賦や一括など多岐に渡るため開業後のキャッシュフローなども鑑みて検討しましょう。

また、「切る」「混ぜる」など、食中毒を発生させる菌が付着・繁殖する可能性のある行為は、衛生管理の徹底した場所でおこなう必要があります。

仕込み場所は保健所の営業許可を受けた施設でなければなりません。
ランチメニューのような仕込みが必要なメニューを扱う場合は、キッチンカーの他に仕込み場所を確保する必要があります。
ただし、特定の条件を満たせば仕込み場所なしでも営業許可取得が可能です(以下参照)

step5 保健所での営業許可の取得

飲食店やキッチンカー、仕込み場所など、食品を扱う場合には保健所の営業許可が必要です。
保健所の営業許可は扱う商材によって異なります。
ランチメニューを扱うキッチンカーなら、飲食店営業許可を取得しておくと良いでしょう。

また、各保健所によって申請時に注意される内容が異なるため、あらかじめ実際に営業を考えている地域の保健所に確認をとっておきましょう。

step6開業

いよいよ開業です。

開業前からSNSなども活用してうまくPRしていく方法も主流となっています。
SNSをうまく活用すれば、新規顧客の獲得だけでなく既存顧客のリピーターにもつなげることができるためぜひ試してみてください。

当メディアを運営しているMellowでは、キッチンカーを開業する方向けに、
出店場所確保、開業・経営サポートなどのサービスを提供しています。
「開業してみたいけどよくわからない…」
という方向けに無料セミナーも行っておりますので、お気軽にご参加ください。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎

キッチンカー(移動販売)の開業に使える補助金・助成金

地域創造的起業補助金
新しく事業を始めようとする事業主を対象に、国や地方公共団体が補助してくれる制度です。創業資金の2/3と金額が大きく、返済義務はありませんが、一定の利益が認められた場合は、返済義務が発生する場合もあります。補助金が事業の経費に使われること、認定市町村での開業や従業員1名など、補助申請や対象者には条件があります。

公式サイトはこちら
ものづくり補助金
正式名称を「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業」といい、サービス、ものづくり、設備投資に対して国から支給される補助金です。原則として返済の必要がないため、少ない自己負担で設備投資が可能になります。

公式サイトはこちら
地域雇用開発助成金
雇用機会の少ない地域などで新たに事業を始める開業者を対象に、厚生労働省がおこなう助成金です。助成金額は50~800万円で、厚生労働省のホームページや管轄の労働局で対象地域が確認できます。対象地域での創業や2人以上の雇用などの申請条件があります。

公式サイトはこちら

新たに始まったキッチンカー(移動販売)開業の補助金・助成金

新型コロナウィルスの影響から飲食店を支援するために打ち出された補助金や助成金の中には、キッチンカー開業に利用できるものがあります。これらは政府が全国に向けて出したものと、各都道府県・自治体が出したものがあるので、それぞれ申請が必要です。

都道府県関係なく、全国で利用できるものは「小規模事業者持続化補助金」。キッチンカー単体に向けての補助金ではありませんが、感染症を受けてのビジネスモデル転換など、新たな投資に対する補助金なので、キッチンカー開業の手助けとなります。
また東京都・福岡県など各自治体でもキッチンカーに対する独自の支援があるので、自分の住む都道府県や出店予定の自治体の支援内容を調べておきましょう。

補助金と助成金の違いを知っておこう

公的な機関から支給される制度に補助金と助成金があります。どちらも返済義務はありませんが、細かい部分で違いがあるため、しっかりと確認しておきましょう。

補助金
国の政策目的にあった事業の取り組みに、資金の一部を支給する制度です。公益性が求められるため、一定の条件や申請、審査が必要です。予算が限られているため、条件の整った会社が申請しても審査を通らない場合もあります。
助成金
厚生労働省が管轄している支援金です。条件を満たしていれば、ほぼ受給できるのが特徴です。通年を通して募集していますが、人気の助成金は早めに終了となる場合もあります。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎

キッチンカー(移動販売)の開業に必要な資格

キッチンカーを開業するためには、保健所の許可だけでなく、食品衛生責任者者の資格が必要になります。
食品を扱うキッチンカーには、食品衛生責任者を必ず1名以上配置しなければなりません。

食品衛生責任者は、各都道府県の食品衛生協会が開催している「食品衛生責任者養成講座」を受講することで取得できます。ただし、栄養士や調理師などの免許を取得している人は受講が免除されます。
修了証には有効期限がないので、更新の必要はありませんが、数年に1度の実務講習会の受講が義務付けられている場合があります。開催回数や定員数が決まっているので、確認しておきましょう。

食品衛生法の改正についてはこちら

営業許可

飲食店やキッチンカー、仕込み場所など、食品を扱う場合には保健所の営業許可が必要です。
営業許可は扱う商材によって異なります。ランチメニューを扱うキッチンカーなら、飲食店営業許可を取得しておくと良いでしょう。

また、各保健所によって申請時に注意される内容が異なるため、あらかじめ実際に営業を考えている地域の保健所に確認をとっておきましょう。

営業に欠かせないキッチンカー(移動販売車)選び

キッチンカーの調達方法は複数あり、それぞれの方法にメリット・デメリットがあります。

新車のキッチンカー製作を専門業者に依頼する

キッチンカーの製作を専門にしている業者に依頼して制作してもらう方法です。

扱う商材や売り方、コンセプトなど具体的なイメージを固めてから相談するとスムーズに進められます。製作会社によっては、価格やデザイン、アフターフォローなど、得意分野や強みが違うので、自分のイメージに合う製作会社を見つけましょう。

中古キッチンカーを購入する

中古のキッチンカーは設備をそのまま使用、または一部を変更するだけで営業可能なことが可能なので費用を抑えることができます。

一方で、中古車は買って初めて発覚する不備も多く、その修理費用を含むと新車価格を超えてしまうリスクもあります。

選ぶ際は、できるだけ走行距離の短かさや、営業に必要な設備が揃っているのかなどを入念にチェックすることをお勧めします。

キッチンカーをレンタルする

レンタルの一番のメリットは、飲食店営業許可証を取得している車をレンタルできるので、面倒な手続きが必要ありません。

ただし実際に営業するには、出店する地域の保健所の許可が必要なため、どこの保健所から許可を得ているのか確認しましょう。
また、レンタルは高額になるため注意が必要です。

自分で車を改造する

新たに購入したバンや軽トラックなどの車を、改造してキッチンカーにする方法です。

営業許可が取れるようシンクの大きさや数、給・排水タンクなど必要な設備を保健所に確認しておきましょう。

また、掃除のしやすさや動きやすさなど、実際の使い勝手を考慮するのを忘れずに。ただ、リスク・難易度ともに高いのでやはりプロに頼むのがおすすめです。

キッチンカーをリースする

キッチンカー専門業者が製作したキッチンカーをリースする方法です。
リースとは単純なレンタルとは違い、一定年数が経過したあとお金を払えば車を買い上げることが可能です。

当メディアを運営するMellowとトヨタグループとキッチンカー 専門業者「あいあんクック」が連携して提供しているリースプラン「フードトラックONE」なら初期費用96万円〜、月額8万5千円で新車のキッチンカーを利用できます。
フードトラックONEは、車両のリースだけでなく、自動車保険や車検、さらに営業場所などキッチンカー経営に必要な要素が全て含まれているリースパッケージになるので、安心してキッチンカー経営に専念できます。

詳しくは以下をご覧ください。

営業許可の取れる設備

キッチンカーを開業するためには、管轄の保健所から営業許可をとらなければなりません。各保健所によってチェック項目は異なりますが、最低限クリアしなければならない設備があります。

・運転席と調理場が仕切られている
・シンクの数と大きさ
・給水タンクと排水タンクの設置と容量
・換気扇の設置
・手洗い場所・石鹸・消毒の設置

キッチンカー(移動販売)の開業に困ったら?

はじめてキッチンカーを開業する場合、何を考えたら良いのか、どうしたら良いのか分からない。という人も多いのではないでしょうか。そんな時はプロに相談するのもおすすめです。

当メディアを運営しているMellowでは、キッチンカーを開業する方向けに、開業の準備や車に関する個別相談、キッチンカーの基本知識から詳細な数字までお話しているセミナーを無料で行っています。

「開業してみたいけど、どうしていいかよくわからない…」
というキッチンカーの開業でお困りの方はぜひお気軽にご相談ください。

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎

「こだわり」を詰め込んだキッチンカー(移動販売)で開業しよう

初期費用が抑えられ、さまざまな場所で出店できるメリットがあるキッチンカーですが、一番の魅力は「固定店舗と同じような料理と接客」で勝負できるところではないでしょうか。

その反面、開業するまでに必要な資格や設備、許可申請やメニュー開発など多くの準備が必要になります。
どんな商材を、どんな場所で、どんな風に販売するのか、方向性や計画性をしっかり考えて準備を進めましょう。

Mellowではキッチンカー出店場所の紹介や、事業計画やコンセプトなどの開業準備から出店までのトータルアドバイスを受けられる個別相談、車両製作や「キッチンカーってそもそも何に気をつければいいの?」「開業までにどういう手順で進めれば良いの?」「失敗しないコツは?」といった疑問を解消するセミナーなどを無料で実施しています。

開業を具体的に検討されている方にも、まだ情報収集段階という方にもオススメです。
ぜひあなたも参加してみませんか?

開業実績多数!
無料キッチンカーセミナー開催中

セミナー内容はこちら

  • 開業までの流れ・方法を解説!
  • 営業場所・車両のノウハウを紹介!
  • 開業の注意点やよくある失敗談も!
無料キッチンカーセミナーの詳細を見る▶︎