キッチンカー(フードトラック)の営業許可って何?ハウツーと注意点

開業前のポイント
キッチンカー(フードトラック)の営業許可って何?ハウツーと注意点
キッチンカーは設備があればそのまま営業できるわけではなく、営業許可の取得が必要です。しかし、どのように許可を取得するのかや、許可を取得するために気を付けるべきポイントがわからないという方もいるでしょう。そこで今回は、キッチンカーの営業許可の概要や取得するためのポイント、注意点などを解説します。

キッチンカー(フードトラック)における営業許可の概要

まずはキッチンカーの営業許可について、許可の内容や申請する場所など、概要を紹介します。営業前に許可を取得しておかないと、無許可営業になってしまいますので、許可申請の概要をしっかり押さえて、確実に取得しましょう。

許可を申請する場所

営業許可の申請を行う場所は、営業したい地域を管轄している保健所です。例えばA市内で営業したい場合は、A市の保健所に申請することになります。仮にB市を拠点として事業の登録をしていたとしても、キッチンカーの営業許可は実際に車を停めて営業する自治体の保健所で取得しなければならないので、A市にも申請が必要です。

事業所を構えている自治体や、住民票をおいている自治体のみに申請しておけば問題ないと勘違いしやすいので気を付けましょう。

許可の申請に必要なもの

営業許可の申請には複数の必要書類があります。

まず必ず用意しなければならないのが営業許可申請書です。保健所でもらう、もしくはHPからダウンロードするなどの方法で様式を入手できます。
次に、営業設備の大要や配置図なども求められます。この書類も様式が定められているので、申請書と同じ方法で入手しましょう。
ほかに、食品衛生責任者の資格を持っていることがわかるものや、キッチンカーの車検証の写しなども必要です。

なお、自治体によって必要な書類の内容が若干異なります。書類を揃える際は、HPや申請に関するリーフレットなど、申請予定の自治体や保健所窓口に確認するなどして、事前にどんな書類が必要かチェックしておくことが大切です。

許可を申請するタイミング

営業許可を申請する場合は、どのようなタイミングで申請を行うか、スケジューリングしておくことも非常に重要です。なぜなら、営業許可申請に必要な書類の中には、事前に取得しておかなければならない資格に関する書類も含まれているからです。

例えば、食品衛生許可は講習を受け、テストに合格しなければ取得できません。講習と試験自体は1日で終わりますが、実施日が限られているため日程調整が必要です。また、詳細は後述しますが、営業許可申請をする場合、仕込み場所の許可証を求められます。すなわち、メインの営業許可の前に、仕込み場所についての営業許可を取得しておかなければならないということです。

しっかりスケジューリングしながら進めないと、申請の段階で何度も足踏みをすることになりかねませんので注意しましょう。

キッチンカー(フードトラック)の営業許可取得の最重要ポイント

キッチンカーの営業許可を申請すれば、黙っていても許可がおりるわけではありません。しっかり保健所の求めるポイントをクリアしなければならないのです。それでは具体的にどのようなポイントを意識する必要があるのか解説していきます。

基本的な設備を整える

まずは、営業に必要不可欠な、基本的設備を整えることが大切です。例えば調理に関する設備が挙げられます。食材を煮たり焼いたりするならコンロがいりますし、揚げ物を提供するならフライヤーが必要です。提供する品目によって、必要な調理設備は変わってきます。

また、水回りの設備もキッチンカーの営業には欠かせません。食材や調理器具などが洗える設備を備えることはもちろん、手洗い場所としても機能しなければなりません。さらに、調理器具や消耗品、食材などを収められる収納スペースも整える必要があります。

衛生管理に気を配る

衛生的に安全な状態で商品を提供できるよう、設備を整えることも重要です。衛生的な調理ができる環境かどうかは、特に厳しくチェックされるポイントの1つなので、十分注意しましょう。

例えば、食材や調理器具などを衛生的に保存・保管しておくために、適切な設備が備わっているかなどをチェックされます。冷蔵が必要な食材を扱うにもかかわらず冷蔵設備がなかったり、調理器具の保管場所が決まっていなかったりなど、指導が入りそうな部分についてはしっかり対応しておきましょう。なお、手洗い液や消毒液など、手指を清潔に保つためのアイテムも重要です。

安全性に配慮する

火災など、営業中に事故が発生しないよう、安全な状態で営業できる設備を整えることも大切です。コンロやフライヤーなど火を扱う器具の周りに燃えやすいものが配置されていないか、あるいはガスボンベのそばに火を使う器具が置かれていないかなど、万全に万全を重ね、あらゆる事故の可能性を考えながらしっかりチェックしておきましょう。

キッチンカー(フードトラック)の営業許可を取得する際の注意点

キッチンカーの営業許可を取得する際、他にも気を付けなければならないことがあります。ここでは、取得に関わる注意点をご紹介します。

地域によって重視するポイントが異なる

営業許可の基準には地域差があるため、その地域ではどのような点を重視するのかリサーチしておく必要があります。

衛生設備に厳しい地域もあれば、収納場所の有無や配置に特にこだわりが強い地域もあるからです。キッチンカーの営業をする上で基本的に揃えなければならない設備はどの地域も同じですが、地域によって重視するポイントが違うため、該当ポイントの準備が手薄であれば許可が降りない可能性も。

同業者ですでに営業許可を取得している人や、口コミなどから、許可取得のためのコツを調べておくと良いでしょう。

「仕込み場所」の許可も得る必要がある

キッチンカーで営業する場合は、キッチンカーの営業場所とは別に「仕込み場所」の営業許可も取得する必要があります。キッチンカーでは、仕上げ的な調理や盛り付けは許可されていますが、事前の仕込みを車内で行うことは許可されていません。

さらに、仕込み場所を「自宅」とするのもNGです。仕込み場所の申請をおこなって許可が降りるまでの期間も、キッチンカーの営業許可の取得と同じくらいであると考えると、できる限り早めに取得しておいた方が良いでしょう。

販売する品目ごとに許可を得る必要がある

別品目の商品を販売する場合は、品目ごとに許可を得る必要があります。
例えば、ランチメニューのようなごはんものとスウィーツを販売する場合は営業許可がそれぞれ必要です。キッチンカーで販売するメニューを速やかに決定し、そのメニューがどの品目にあてはまるのか確認しておきましょう。

許可申請の手続きに不安があるなら支援サービスの活用もおすすめ

許可申請の手続きに不安がある場合は、支援サービスを活用するのもおすすめです。キッチンカーで営業を始めるために必要なのは許可申請だけではありませんので、スムーズに開業準備を進めるために外部のサポートを利用するのも1つの方法です。

キッチンカーでの営業を検討しているなら、「Mellow」に相談してみましょう。出店場所の紹介や、開業準備、営業許可取得の段取りや、車両製作についての相談、開業後の営業に関するアドバイスをおこなっています。開業までの流れがスムーズになるほか、正しくコストを抑えるコツを紹介してくれるなど、さまざまな支援を受けられることが大きな特徴です。

営業許可取得の流れを押さえキッチンカー(フードトラック)で起業

営業許可の取得はキッチンカー営業の要です。許可を得るためには準備しなければならないものや、やっておかなければならないことが複数ありますが、すべて安心して営業を始めるために必要なことです。ぜひこの記事を参考にしながら、営業許可の取得に関するイメージを固めてみてくださいね。