キッチンカー(フードトラック)は場所選びが重要!出店場所を選ぶポイントと探し方

開業前のポイント
キッチンカー(フードトラック)は場所選びが重要!出店場所を選ぶポイントと探し方
近年、キッチンカーの台数は右肩上がりに増加中していましたが、新型コロナウィルスの影響でフード系のイベントは相次いで開催中止になってしまいました。その反面、テイクアウトの需要は高まってきています。ここでは昨今の現状に合わせたキッチンカーの出店場所やその探し方、有益なマッチングサービスなどを紹介します。

キッチンカー(フードトラック)の出店に適した場所とは

出店場所を選ばないキッチンカーですが、どこでも営業できるというわけではありません。また、新型コロナウィルスの影響を受け、3密を避けられるテイクアウトの需要が高まっており、これまでとは異なる出店場所が人気を集めているようです。新型コロナウィルスが懸念される今、キッチンカーを出店しやすいのはどのような場所なのでしょうか。

オフィス街・都市部の小さなスペース

キッチンカーの需要が高い場所としてまず思い付くのは、オフィス街や都市部の空きスペース。顧客はオフィスビルで働くビジネスパーソンたちです。

コロナ禍で在宅勤務やテレワークが増えましたが、緊急事態宣言が解除され少しずつ日常に戻りつつあるので、以前と同様にキッチンカーのニーズが高まっています。

ただし、人が多く集まる場所はキッチンカー同士の場所争いも熾烈。人気エリアで営業しているキッチンカーは固定客をつけ、その場所に根付いていることが多く、空きを狙うのは簡単なことではありません。

イベントやフェス、地域のお祭り

キッチンカーでの出店チャンスを探す場合は、イベントやフェス、地域のお祭りなどもチェックしましょう。

イベント来場者サービスの向上に「食」は不可欠です。そこで、「エンターテインメント性の高いキッチンカーを食エリアに誘致したい」というイベント主催者が増えてきています。小さなフリーマーケットから大型のフェスまでさまざまな募集があるので、随時申し込んでみてくださいね。

ただし、多数の来場者が見込まれる人気イベントや有名フェスは、キッチンカーの申し込みも殺到します。実績のない初心者が参加権を得るのは、至難の技と言えるでしょう。人気イベントにスムーズに出店するためには、小さなイベントやお祭りなど精力的に参加してまずは経験を積むのがベター。ある程度実績が積み上がれば、大きなイベントやフェスにも参加しやすくなりますよ。

大型スーパー・商業施設

キッチンカー営業ができる場所として、大型スーパーや商業施設の敷地内も候補となります。ただし、テナントの飲食店と競合するメニューの場合は入れない事が多いため、事前にリサーチをしましょう。

商業施設の敷地内という立地だからこそ、注意しておきたいポイントがいくつかあるので紹介します。
大型スーパーや商業施設の敷地内に出店するメリットを得るためには、必然的にキッチンカーの営業時間を商業施設のオープン・クローズに合わせなくてはならないということ。ランチ時のみの営業が多いオフィス街や都市部と比較すると、かなりの長丁場となるでしょう。

また、顧客の目的は、あくまでも施設そのもの。キッチンカーを訪れたとしても、買い物をすませて大きな荷物を持っていたり、帰宅を急いでいたりするかもしれません。このような状況では、時間のかかるメニューは売れにくいことが予想できます。一般的には、気軽なワンハンド系または軽食系のメニューの方が顧客需要にはマッチするでしょう。

それでもやはり、商業施設ならではの集客力の高さや動線の良さは魅力的。場所に合わせた営業戦略を練ることができれば、安定して利益を出すことも可能でしょう。

庁舎や役所など公的施設内のスペース

新型コロナウィルスの影響を受け、新しい出店場所として各地の県庁や市役所、区役所といった公的施設の敷地内が注目を集めています。コロナ禍で経営難に陥っている飲食業界を救済する意味も含めて、キッチンカーを受け入れる活動が各地で広がっているのです。

顧客は庁舎や役所に仕事や用事があって訪れる層と、公共施設からの公示や広告などでキッチンカーの出店を知った層の両方が見込めます。前者は時間帯が固定されていませんが、後者はほぼランチ時に集中するでしょう。

こうした場所でのキッチンカーには、施設内の食堂に無さそうなメニューが好まれる傾向にあります。また、気軽に食べることができるワンハンドメニューも人気です。

団地や大型マンション

新型コロナウィルスの影響により、自宅で勤務している人の間でもキッチンカーのニーズが高まっています。また、飲食店の営業自粛などで外食ができず、テイクアウトのニーズそのものも高まっているので、団地や大型マンションでの出店も考えてみましょう。

ファミリー層が多い団地や大型マンションでは、自粛疲れの主婦にも需要が見込めるのではないでしょうか。唐揚げやポテトなど、子どもが好きそうなメニューもラインナップに加えておくと良いかもしれません。

後で詳しく紹介しますが、団地や大型マンションの下では、3密回避のテイクアウト業態としてあらたな活動も注目を集めています。

キッチンカー(フードトラック)の出店場所を探す方法とは

キッチンカーがあったとしても、出店場所が無ければ営業はできません。出店できそうな場所を探すには、どのような方法があるのでしょうか。

マッチングサービスを利用

何のツテもなくキッチンカー営業を始める場合は、場所の紹介をしてくれるマッチングサイトの利用がおすすめです。

ただし、登録料無料・有料さまざまなケースがあるので、内容をよく確認してから利用することをおすすめします。

イベント管理者や団体のSNS等をチェック

近年はSNSを通じてキッチンカーを募集する事例も増えており、随時SNSをチェックするのも有効な手です。

例えば、気候がよく長い休みのあるシーズンは、多種多様なイベントが開催されます。「出店できるかも」と感じるイベントがあれば、管理者や団体のHPなどをチェックしてみてください。キッチンカーの募集や、募集要項について、何らかの情報が掲載されているはずです。

また、SNSは情報を得るだけではなく横の繋がりを作るチャンスでもあります。同業者の知り合いが増えれば、出店チャンスはさらに広がっていくでしょう。

各市町村へ問い合わせる

コロナ禍の飲食店を支援する取り組みとして、各地の庁舎や役所など公的施設内スペースでキッチンカーを出店できるケースが増えています。出店を希望する場合は、各施設へ問い合わせてみましょう。役所内の担当部署は自治体によって異なる可能性があるので、確認が必要です。

商工会議所や観光協会に登録

地域のお祭りやイベントへの参加を希望するなら、商工会議所や観光協会に登録しておきましょう。何らかのイベントがある際に、声をかけてもらえるかもしれません。

ただし、登録料や登録条件は、自治体や団体によってさまざま。登録料が高額だったり審査が厳しかったりするケースもあるので、事前に問い合わせなどしておくことをおすすめします。

出店場所はお任せ。大注目の「SHOP STOP」

「自分で場所探しするのは大変…」と感じている人は、経験豊富なスタッフのサポートが受けられるマッチングサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。ここでは、日本最大級のマッチングサービス「SHOP STOP」を紹介します。

SHOP STOPとは?

SHOP STOPとは、空きスペースを持つオーナーと、営業したいキッチンカーをマッチングするプラットフォーム。株式会社Mellowによって提供される「モビリティサービス」の一つです。

このサービスを活用すれば、キッチンカーオーナーは出店場所を容易に見つけることが可能。また、土地の運用成績が高まれば、それを持つオーナーにも「物件のバリューアップ」というメリットがあります。

2016年のスタート以来、SHOP STOPの営業場所は拡大を続けており、2019年時点では首都圏を中心に160スペース・93カ所でサービスを展開中です。また、10月からは関西圏初となる大阪でのサービスもスタート。キッチンカーのマッチングサービスとして、今後ますますの発展が期待されています。

SHOP STOPの特徴

SHOP STOPで受けられるサービスには、以下のようなものがあります。

・出店登録料無料
・SHOP STOPアプリ
・プレ出店

まず、SHOP STOPのサービスを活用するための出店登録料は無料です。登録すれば出店場所への応募や運営サポートを受けることが可能となるので、積極的に利用することができます。料金が発生するのは、実際に売上が上がったとき。その額は売上に応じて15パーセントの支払いのみです。

SHOP STOPが提供する「SHOP STOPアプリ」に表示されることを目指すのも、営業的なメリットが大きいでしょう。自身のキッチンカーの位置やメニューはアプリで表示されるので、顧客自らキッチンカーを見つけて足を運んでくれます。

それでも「出店は不安」という人は、月に一度の「プレ出店」がおすすめ。熟練のスタッフ立ち会いのもと、お試し営業をおこなえます。営業しながら店作りの相談にも乗ってもらえるので、活用してみてはいかがでしょうか。

3密を避けながら、近所で美味しいランチを!マンション向け新パッケージ

Mellowでは、コロナウイルス感染拡大を受けて発令された緊急事態宣言をきっかけとして、本格的にキッチンカー(フードトラック)用のマンション向けパッケージをスタートしています。シェフこだわりの料理を振る舞う個性豊かなフードトラック約850店が提携しているサービスです。

キッチンカーは「3密」を回避するテイクアウト業態なので、マンション敷地内で出店すれば売上アップを狙える他、「自粛疲れ」の解消支援の1つにもなるでしょう。子どもたちのおやつになりそうなメニューや、夕食のおかずを一品増やせるようなメニューも人気があります。

このパッケージですが、十分な空きスペースや安全な動線の確保さえできれば最短5日ほどで導入が可能。新型コロナウィルスの影響はしばらく続きそうですが、「心あたたまるおいしいごはん」を届けるフードトラックは今後も増えていくでしょう。

出店までのステップ

SHOP STOPに登録して出店するまでの流れは次のようになります。

1.説明会申し込み
2.出店登録説明会
4.システム登録完了
5.プレ出店
5.出店機会の提供

SHOP STOPのサービスを利用するには、まず定期的に開催される説明会に申し込む必要があります。申し込みはSHOP STOPのHPから必要事項を記入するだけです。

説明会にて運営方針や注意点を確認し、納得できれば、実際に登録手続きをおこないます。店舗の情報や登録規約書などを準備して手続きを進めましょう。必要情報がすべてそろえば登録完了です。出店スペースやイベント出店の情報などが開示されるので、気軽に応募してみましょう。

いろいろな手段を活用しキッチンカー(フードトラック)の出店場所を確保しよう

キッチンカービジネスにおいては、「出店場所の確保が成否のカギを握る」と言っても過言ではありません。SNSを活用したり有益なマッチングサイトに登録したりして、積極的に出店場所を探していくことが大切です。

また、新型コロナウィルスの影響で3密を避ける新しい生活様式が広まり、テイクアウトやキッチンカーの需要が高まっていること、集客を見込める出店場所が変わってきていることなども考慮しておきましょう。出店場所やメニューの変更が可能なキッチンカーは、自由度の高さが魅力。いろいろなスペースを巡って、新しい出会いを楽しんでくださいね。